チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大嫌いな広島、I LOVE HIROSHIMA!~63回目の原爆の日に寄せて~
さ~て!
サボりまくったブログですが、なんと今日2度目の投稿です!
(偉いぞ!マリリン!←自分に甘いぞ、マリリン!?(^^ゞ)

今日は63回目の『原爆の日』。
8.6だけお祭りのように平和を連呼するつもりはないし、
形式だけにこだわるつもりもないけれど、
夏だけで終わらない年間通した平和学習、
ヒロシマ以外の平和学習の必要性を痛感しつつ
「ヒロシマ」の「8.6」はやはり私にとっては特別の1日。
平和についての思いを書き綴っておきたいと思います。

昨年のブログでは、娘の通う小学校で
8・6登校日にも関わらず
8時15分はいつもと同じように校庭で遊び、
黙祷は遅れて行ったことに対する疑問について
書かせていただいたような気がします。

私の批判が効いたのではないと思うのですが(苦笑)
今年、娘の小学校では、いつもよりも早く登校し、
8時からテレビで「平和祈念式」を見ながら
8時15分の黙祷を行ったようです。

随分前のブログで
「引き寄せの法則」について書いたことがあるけど、
8月6日の8時15分に世界中の人々が
平和を祈って心を一つにした瞬間、
地球全体が平和と愛のエネルギーで包まれることを
信じたいと思っています。

な~んて偉そうなことを書いている私、
実は小学校から大学まで
学校で行う「平和学習」が大嫌いでした。
「そんなこと勉強したって、私一人の力で
 世界平和なんて実現できるわけないじゃん。」
というかなり冷めた見方しかできない子どもでした。
 
「原爆」につながる「広島」のことも大嫌いでした。
郷土愛のかけらもないままに大人になり、
広島が嫌いなくせに、広島の大学に進学し、
広島で就職し、広島で結婚した私は
嫌いなはずの「広島」に土着することとなったのですから
皮肉なものですね。

東京や大阪のような大都会でもなく、
北海道や沖縄のように
美しく個性的な自然に恵まれているわけでも、
京都や奈良のように
文化遺産とか伝統とかがあるわけでもなく、
広島は何もかもが中途半端。
「原爆しか特徴がなく魅力のない場所」
それが私にとっての広島でした。

いつの頃からでしょうか?
広島の地を愛しいと思うようになったのは。

川と緑に映し出される太陽の光がまぶしくて
「あぁ、なんて美しい場所なんだろう!」
と涙さえにじむようになったのは。

「HIROSHIMA…なんて優しい響きなのだろう!」
と感じるようになったのは。

多分、教員になって子ども達に「ヒロシマ」を伝えようとしたとき。
多分、母になって我が子に「ヒロシマ」を語ろうとしたとき。

様々な学びの中で、
ヒロシマに生きた人々の優しさとたくましさを知りました。
(小学校から大学まで、何を勉強していたんだろう?)

地獄図のような悲惨な状況の中で
我が身を捨てて教え子や我が子を守ろうとした教師や母親の姿に
人間の尊厳を見たことがきっかけだったのかもしれません。

そして、壊滅的な打撃を受け、
70年以上、草木は生えないとさえ言われたヒロシマの地で
踏まれても、踏まれても、たくましく成長したのは
「はだしのゲン」だけではなくて
「広島」そのものだったのだと思います。

広島は、世界平和を願う人々にとっての聖地。

ここに生まれ、ここに育ったことを
今の私は誇りに思っています。

大好きです!広島!!

愛☆LOVE☆HIROSHIMA!


広島ブログランキングはお休み中ですが、
よろしければ、足あとを付けてお帰り下さい。

いつも応援のクリック ありがとうございます。m(__)m





娘のブログ「さやさや絵本」

お仕事ブログ
「アロマテラピー&カラーセラピーサロン
ROSEMARY」


「JCTA 日本チャイルドセラピー協会」ブログ

以上もよろしくお願いします!m(__)m

「日本チャイルドセラピー協会」会員募集中!(会費無料)
(こちらのブログからのメッセージでも
お問い合わせいただけます。)

mixiにも時々出没中!
(かなりサボってはいますが…。(^^ゞ)
面識のある方、ブログを通して交流のある方は
マイミクさんになっていただけると嬉しいです。

『セラピスト☆マリリン』か『月嶋 真理』で検索できます。(^_-)-☆


スポンサーサイト
「はだしのゲン」と平和記念資料館
テレビ「はだしのゲン」を見ました。

二夜とも泣きどおしでした。

素晴らしい作品だと思います。
21世紀、22世紀…と
伝え続けて欲しいメッセージが
そこにはこめられていると感じます。

原作も全10巻、読んだし、
実写映画も、アニメ映画も、
オペラまでも、制覇(?)した私だけど、
接するたびに涙が止まらなくなるのが
この「はだしのゲン」なのです。

もう二度と、戦争も原爆も
許してはならないという気持ち。

そして、どんなにつらいことがあっても
子どもたちには、ゲンのような
優しさと強さを忘れてほしくない気持ち。

読むたびにそんな思いが募ります……。


「はだしのゲン」が
リアルで連載されていたのは
確か私が小学生時代。

「週刊ジャンプ」(だったっけ?)が
教室に何冊か置いてあって、
これだけは、学校で唯一の
読むことが許される漫画でした。
(多分、担任の先生からの
 メッセージでもあったのでしょうね。)

自分が教師になってからは、
教え子のために全10巻を教室に置き、
今は娘が「はだしのゲン」を
夢中になって読んでいます。
(小1から毎年一度は
 読み返しているようです。)


ちょうど土曜日に平和記念資料館に
娘を連れて行ったばかりだったので、
それをサンドイッチするように、
金土と放映された「はだしのゲン」は
とってもタイムリーでした。

あれは、決して作り話ではなくて
原爆によって、たくさんの「ゲン」が
誕生してしまったことを
より一層痛感させられたのが
平和記念資料館の展示だったのです。


保育園時代から、
子ども達を何度も連れて行った
平和記念資料館ですが、何度行っても
その年齢なりの気づきがあるんですよね。

今年は、初めて、
音声ガイドをつけてみましたが、
ワンパターンになりがちな私の説明だけよりも
いつもと違った見方で展示を見ることができて
娘も私もいい勉強になりました。

中でも、吉永小百合さんの朗読は
本当に素晴らしく、心に響きます。

聞いているうちに、
何度も涙が出そうになりました…。


資料館のあとは、アオギリの木を訪ね、
75年も草木も生えないと言われた
広島の地に大きな希望を与えてくれたことを話しました。

レストハウスでは、ここも被爆建造物で
偶然、地下に忘れ物を取りにいった人が
奇跡的に助かったんだよというようなお話。

「平和公園一帯には、いくつかの街があり、
 市内有数の繁華街として栄えてたんだよ。」
などと説明をしながら、
こちらの方が感無量となりました…。

最後は、爆心地となった島病院へ。

この580m上で
原子爆弾が炸裂したことを話し、
手を合わせながら
平和への祈りを捧げました。


その夜、次女メイ(小5)は、

「パパは『はだしのゲン』って
 名前は聞いたことあるけど、
 お話は全然知らないんだって。

 広島に住んでるんだから、
 そのくらい知らなくちゃダメだよって
 パパに言ったんだよ。」

と他県出身の夫に
説教(?)したらしい…。(^^ゞ

というわけで、夫にとっては、
40ン歳、広島での生活20数年にして、
記念すべき「はだしのゲン」デビューとなりました。

こんなことが言えるようになったメイに
「成長したんだなぁ…。」
としみじみ感動……。

いつもは、
「子どもは、夜9時台に布団に入る!」
のが鉄則の我が家ですが、
「はだしのゲン」放映の二日間だけは、
親公認の(?)夜更かし日。

テレビを見終わったメイは、
今年も「はだしのゲン」を
本棚から取り出して読み始めています。

どうか、麦のように、強くたくましく
優しい子に育ちますように!


P.S.

父のお墓に参りながら、
「はだしのゲン」のお父さんの姿が
亡き父に重なりました。

ゲンが父親を失った年と
私が父親を亡くした年は
ほとんど一緒だったんですが、

ゲンのお父さんが遺した言葉が
父からの言葉のように思い出されて、
墓前で手を合わせながら
「千の風」が吹いたような気がしました…。




広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓




14日より、大阪まで家族旅行です♪
(一泊二日なので、すぐ帰ってきます。(^^ゞ)

映画大好き中年の私、
子どもたち以上にUSJが楽しみ~~♪

コメントやメールへのお返事が
遅くなるかもしれませんが、
ご了解くださいね。

旅行報告は、また16日以降に!(^O^)/




















8.6と8.9 の意味~長崎原爆の日に寄せて~
先日は、娘の8.6登校日について
貴重なご意見をたくさんいただき、
本当にありがとうございました!

せっかくのご意見を無駄にしないためにも
8.6の登校日について
8時15分の黙祷ができるように
そして、祈念式典の様子を
テレビで見せていただくように
(または家庭で見られるように)
担任の先生にお手紙を書いてみようと
思っています。

世の中を大きく変えることはできないし、
学校も急には変わらないかもしれないけど、
まずはできるところから…そんな気もちです。

さて!
「広島原爆の日」に対する他県の意識が薄いことを
いろいろなところで耳にします。

私自身、そう思っていましたし、
実際に広島における原爆と
全国の意識には大きなズレがあるのかな?

と感じることがままあるのですが、
今日、8月9日を迎えて
逆に反省していることもあります。

8月9日にナガサキに原爆が落とされたことを
どれほど意識しているだろうかと。

広島なら【1945年8月6日午前8時15分】が
すぐに出てくるのだけど、
長崎となると、8月9日は分かっているけど、
11時2分についてはあんまり意識してない…?

これは、私自身の反省点でもあるのですが、
お恥ずかしいことに、11時2分の黙祷を
忘れていたなんてこともよくあったんですよね…。
(仕事中で黙祷が難しかったことも
 確かに多かったんですけど…。)

国内的に見ても、広島に比べて
長崎の8.9はひっそりとした感じがして
【静かに祈る】という印象があるのは、
2回目だからなのか、
キリスト教とかかわりの深い歴史的な背景なのか?

人類史上初めて、
ヒロシマに原爆が使われてしまった意味は
とても大きいと思います。

でも、それが一度で終わらず
二度目を許してしまったことは
ヒロシマとは別の意味で
重要な意味を持っていると思っています。

広島の人間として、広島に起こったことを
全国に、世界に伝えたいと願うなら
ヒロシマだけでなく、ナガサキの意味を考え、
例えば、オキナワの慰霊の日や
東京大空襲の起こった日にも意識を向ける…。

8.6を年に一度のイベント化せず、
【戦争と平和】という大きな視点から捉えるためにも
必要なことなのではないかなぁと
反省の気持ちをこめて、今、考えています。

まずは今日、11時2分の黙祷から!

8時15分と違って、お仕事中の方も
多分、多いとは思うのですが、
可能な方はご一緒にいかがでしょうか?


一人ひとりの平和への祈りが
ヒロシマ・ナガサキから
世界中に広がりますように!














8.6~登校日について思うこと~
平和記念式典をテレビで見ながら
長女さつきとともに黙祷をしました。

夢中になっていた書き物をやめて
素直に黙祷をするさつきにちょっと感動!

自分のやりたいことを中断して
何かをするということが
普段のさつきには時間がかかるのですが、
「これはとっても大切なこと!」
という気もちが通じたのでしょうか?

今日は、さつきが生まれて初めて
一緒に黙祷ができた日です。

去年からは、自分の世界から
なかなか抜け出せなかったのに、
成長したんだね…。


一方のメイは全校登校日。

メイが言うには、
いつもどおり登校して
全校で「平和アピール」
というのをするのだそうです。

2年ほど前、市教委の方から
8月6日を登校日とする方針が出され、
全部の学校ではないけれど、
広島市では多数の学校で
今日、平和学習が行われたはず。

(さつきの中学校は、8月4日が
 慰霊祭で登校日でしたが。)

平和学習については
とても大切なことだと思っていますし、
8月6日に行う意味ももちろんあります。

ただ、一方で考えていることは、
「8月6日登校日」というのは、
一長一短なのではないかなぁと…。

教員になってからは、
子ども達に平和を伝えるためには
自分が学ばなくてはと
できるだけ8月6日には休暇を取り、
平和公園を訪れるようにしていました。

子どもが少し大きくなってからは
一緒に資料館や慰霊碑を巡りながら
平和を学び、平和を語り合う日として
大切にしてきたつもりでした。

いつか娘と一緒に
平和記念式典に参加したいとも
思っていたんですよ。

ですが、学校で「平和集会」をするなら
平和記念式典に参加することは
学校を休ませない限り、まず不可能。

子どもや教職員が
平和記念式典に参加できる機会を
残しておいてはもらえないかしら?

8月6日を迎える少し前に、
事前指導をすることも一つの方法なのでは?

今年、さつきが黙祷をしたのも、
8月4日に学校の慰霊祭に参加していたことが
大きいような気がするのです。

事前指導ならば、より問題意識を持って、
8.6を過ごすことができると思うのですが…。


いつものように8時に学校に登校したメイは、
いつものように8時25分まで朝休憩で、
いつものように友達と遊んだそうです。

黙祷は、体育館に集まって
8時半頃から遅れてしたんだそうですが、
残念ながら、保護者としての私は
首をかしげてしまうのです。

8時15分に校庭で遊んでいたのか…と。

8月6日の8時15分。
一瞬にしてたくさんの子ども達の笑い声が消えた
62年前とは対照的に
今、子ども達の元気な姿が見られることに感謝し、
素直に受け入れればそれでいいんでしょうか?

「15分くらい遅れたって
 黙祷するのが一緒ならそれでいいじゃん。」
というのではなくて、
世界中の人が同じ時間に思いを一つにすること、
あの日の8時15分に思いを馳せることは、
8時30分ではやはり意味が違ってしまうと
思えてしかたがないんです。

登校日を6日にするのなら
登校時刻を少し早めて、
全員の子ども達が記念式典をテレビで見て
黙祷に参加できる時間設定を
工夫していただけないものかしら?

せめてテレビを通して
【夕凪の街】の市長や【桜の国】の首相が
何を宣言するのか、何を誓うのか
次代を担う子ども達には、
きちんと自分の耳で聞いておいてほしいんです。

メイの登校日にあたり、
今、そんなことを考えています。

広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓




ここから先は、オーラソーマから見た
8.6と平和について書いてみました。

興味のある方は、お越し下さい。













[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。