チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目雅子さんを忘れない~9.11の命日に寄せて~
この夏休み、娘と一緒に「西遊記」を見に行きました。

慎吾クンの孫悟空、がんばってたと思うけど、
私の中では、孫悟空はマチャアキなんだよね~。

そして、深津絵里さんも素敵なんだけど、
「ガンダーラ」を聞きながら頭に浮ぶのは
やっぱり夏目雅子さんの三蔵法師なんです。


その夏目雅子さんが、
27歳の若さでこの世を去ったのは、
22年前の今日。

ポスターで時折見かける彼女は
色あせることの無い美しさ。

「三枝の美女対談」っていう
トーク番組の中だったかな?

「薔薇っていう字が書ける男の人に
 憧れるんです。」

目を輝かせながらお話してた彼女は、
やがて作家の伊集院静さんと結婚。

これがあの『薔薇』という漢字が
書ける人だったのか…!

結婚後のインタビューを見ていると、
「愛する人と結婚できて、幸せ!」
という喜びがブラウン管から伝わってきて

「こんなにキレイな女優さんでも、
 愛する人の前では、普通の女性なんだなぁ~。」

って微笑ましく思えたのを覚えています。


何かの本で読んだんだと思うけど、
夏目雅子さんは一度、
赤ちゃんを身ごもったことがあったそうです。

結婚前だったので、
子どもによって彼(伊集院さん)を
手に入れようとすることはよくないと
お母さんに説得されて、
泣きながら中絶を決意したとか。


もし、その赤ちゃんが生まれていたら
20なん歳かになり、
夏目雅子さんの美貌を受け継いだ美女か
イケメンとなって姿を現していたのかしら?

そんな考えても仕方ないことを
取りとめも無く考えてみたり…。


大好きだったんですよ。
ホントに。

多分、私の知っている日本の女優さんの中では
二十数年間、変わらずNO.1であり続けています。


「西遊記」の三蔵法師はもちろんのこと、
「瀬戸内少年野球団」「時代屋の女房」
【なめたらあかんぜよ!】
の名セリフを残した「鬼龍院花子の生涯」。

「黄金の日日」「風の隼人」「ザ商社」など
テレビドラマでの印象的な体当たり演技。

一生忘れられないと思います。


そういえば、
彼女の実のお兄さんの奥さんって
キャンディーズのすうちゃんこと
田中好子さんなんですよね。

夏目雅子さんとすうちゃんが
ドラマで共演したことから友達になり、
お兄様とお付き合いするようになったとか。

ご主人の伊集院さんは、
やはり夏目雅子さんと仲が良かった
篠ひろ子さんと再婚されましたが、
死後もなお人と人とを結びつける力を持った人。

美しいだけではなくて、
それだけ魅力的な方だったんでしょうね。


白血病の治療のため
脱毛という副作用に向き合うことも
たいそうつらかったことでしょう。

遺族を中心として
「ひまわり基金」が設立され、
難病に苦しむ人たちへのかつら貸与が
ボランティアとして行われていることも
彼女からのメッセージかしら?

利用させてもらった教え子も
何人かいると聞いています。

夏目雅子さん、ご遺族の皆さん、
本当にありがとう…。


骨髄バンクのCMではないけれど、
49歳になった夏目雅子さんが見たかった!

美人薄命…。

そんな言葉があまりにもピッタリで
思い出すと胸が痛みますが、
彼女の与えてくれた感動を胸に刻んで
毎日を大切に生きなくては!

…と思う私は、かなり長生きしそう?
(憎まれっ子 ナンチャラ カンチャラ…???)

広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓












スポンサーサイト
夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社

この商品の詳細を見る
映画『夕凪の街桜の国』を見に行きました。

原作を読んで感銘を受けたので、
絶対に見たいと思っていた映画の一つ!

言うまでもなく、

『夕凪の街』=広島
『桜の国』=日本
 

を表しています。

50年前の広島で暮らす皆実。
自分と同じように被爆して死んでいった妹翠。
疎開していて、被爆を免れた弟旭。

ここまで読んで、広島に在住の方なら、
「あれ?」と思われたかもしれませんね。

【皆実】に【翠】に【旭】なんて、
どこかで聞いたことがあると思ったら
広島市内の町名ではないですか!?
(しかも、我が家からは徒歩圏内!)

お母さんの名前も「フジミ」だし
その苗字は「平野」だし、
皆実の彼氏は「打越」ですよ!

こういうところは、
広島出身の原作者ならではというか、
広島人にとっては、オマケのようで
ちょっぴり嬉しくなったりしました。

本筋から外れたことを書いてしまいましたが、
肝心の内容はどうだったかというと…

(これからごらんになる方は、
 ここまででストップしてくださいね。
 ここから先は、ネタバレあり!要注意です!!)

[READ MORE...]

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

恩を送り、恩を贈る!~『ペイフォワード』より~
『アロマテラピーアドバイザー資格認定教室』承認に
たくさんの方から激励の言葉をいただき、
本当にありがとうございました!m(__)m

アロマを伝える講師としての責任を
より一層感じながら、精進していきますね!(*^_^*)


さて、先日、あんこやさんのブログ
映画「ペイフォワード」の紹介がされていました!
(あらすじは「あんこやさん」のブログ参照)

私もこの映画大好きだったので、
思わずコメントしてしまったのですが、
「ペイフォワード」の話題が出たとき
いつも思い出すのが、妊娠中の出来事。


読み始めたばかりの中、
大変恐縮ですが、ここから先は、
お食事タイムおやつタイムの方、
そして、心臓の弱い方は、
読まないほうがよいかも!?



さて、予告はしましたよ!

あとは自己責任ということで(笑)
先にお進み下さいませ~!m(__)m


[READ MORE...]
グレース・ケリーの光と影
もう終了してしまったのですが
先日、福屋八丁堀店でやっていた
(広島以外の方、
 ローカルでスミマセン!
 福屋はデパートでございます。)
『グレース・ケリー展』に
行ってきました。

グレース・ケリーと言えば、
古きよき時代のハリウッドで
大活躍した美人女優。

非の打ち所がないほど整った顔立ちと
気品ある雰囲気は
まさにクールビューティー!

「裏窓」「ダイヤルMを廻せ」
「上流社会」くらいしか
私は見たことないのですが、
しばらくうっとりと
見とれてしまうほどの美しさです。


映画にはあまり興味ない方も
「ケリーバッグ」なら
知ってるわ…という方も
多いのではないのでしょうか?


妊娠中のグレース・ケリーが
お腹をカバーするために
持ったバッグのことを
いつしか【ケリーバッグ】と
呼ぶようになった
というエピソードも今や伝説。

妊娠したら、自分へのご褒美に
【ケリーバッグ】を買いたい!

などと大それたことを
考えたこともありましたけど、
桁数のあまりの多さに断念し、
今もその夢は叶わぬままです…。(*_*)


これからは、
お腹の贅肉を隠すために
ケリーバッグを持つことが
これからの目標になるかも!?(^^ゞ



さて、私のことは置いといて(笑)
グレースケリーに話を戻しましょうね。

カンヌ映画祭で
モナコ王国のレニエ公に見初められ
公妃となったグレースケリーは
52歳の時、交通事故で亡くなるまでを
プリンセスとして過ごします。


なんだかダイアナ妃を
思い起こさせるような最期ですね…。


[READ MORE...]
映画「ホリディ」より~東京日和♪PART3~
「花のお江戸へ長期滞在!(^O^)」
とは言うものの
セミナーが終わった後の時間は
かなりマジメに過ごしていたと思います。

唯一の夜遊び(?)と言えば、
映画館に通ったことでしょうか?

実は、20代の頃の私、
年間100本は
映画館で映画を見るほどの
大の映画ファンでした!

子どもが生まれてからは
見る本数はかなり減りましたが、
今でも、映画は大好きなんですよ♪


というわけで(どういうわけだ?(^^ゞ)
今回の上京中に見た映画は3本。

「ナイトミュージアム」
「クイーン」


そして、今日、
お話ししようと思っている

「ホリディ」です。

「広島だって、映画はやってるのに
 東京にまで来て
 なんで映画を見てるんだ!?」

と人から不思議がられながらも

私が旅先で映画を見るワケは、

旅の魔法にかかりたいから

なのかもしれません。


旅先で見る映画って、

不思議と自分の人生に対する
絶妙な答えを
用意してくれているんですよ。

そして
「ホリディ」の中で気づいたことは、


「セラピストの役目とは何か?」


ということ。
[READ MORE...]

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。