チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はだしのゲン」と平和記念資料館
テレビ「はだしのゲン」を見ました。

二夜とも泣きどおしでした。

素晴らしい作品だと思います。
21世紀、22世紀…と
伝え続けて欲しいメッセージが
そこにはこめられていると感じます。

原作も全10巻、読んだし、
実写映画も、アニメ映画も、
オペラまでも、制覇(?)した私だけど、
接するたびに涙が止まらなくなるのが
この「はだしのゲン」なのです。

もう二度と、戦争も原爆も
許してはならないという気持ち。

そして、どんなにつらいことがあっても
子どもたちには、ゲンのような
優しさと強さを忘れてほしくない気持ち。

読むたびにそんな思いが募ります……。


「はだしのゲン」が
リアルで連載されていたのは
確か私が小学生時代。

「週刊ジャンプ」(だったっけ?)が
教室に何冊か置いてあって、
これだけは、学校で唯一の
読むことが許される漫画でした。
(多分、担任の先生からの
 メッセージでもあったのでしょうね。)

自分が教師になってからは、
教え子のために全10巻を教室に置き、
今は娘が「はだしのゲン」を
夢中になって読んでいます。
(小1から毎年一度は
 読み返しているようです。)


ちょうど土曜日に平和記念資料館に
娘を連れて行ったばかりだったので、
それをサンドイッチするように、
金土と放映された「はだしのゲン」は
とってもタイムリーでした。

あれは、決して作り話ではなくて
原爆によって、たくさんの「ゲン」が
誕生してしまったことを
より一層痛感させられたのが
平和記念資料館の展示だったのです。


保育園時代から、
子ども達を何度も連れて行った
平和記念資料館ですが、何度行っても
その年齢なりの気づきがあるんですよね。

今年は、初めて、
音声ガイドをつけてみましたが、
ワンパターンになりがちな私の説明だけよりも
いつもと違った見方で展示を見ることができて
娘も私もいい勉強になりました。

中でも、吉永小百合さんの朗読は
本当に素晴らしく、心に響きます。

聞いているうちに、
何度も涙が出そうになりました…。


資料館のあとは、アオギリの木を訪ね、
75年も草木も生えないと言われた
広島の地に大きな希望を与えてくれたことを話しました。

レストハウスでは、ここも被爆建造物で
偶然、地下に忘れ物を取りにいった人が
奇跡的に助かったんだよというようなお話。

「平和公園一帯には、いくつかの街があり、
 市内有数の繁華街として栄えてたんだよ。」
などと説明をしながら、
こちらの方が感無量となりました…。

最後は、爆心地となった島病院へ。

この580m上で
原子爆弾が炸裂したことを話し、
手を合わせながら
平和への祈りを捧げました。


その夜、次女メイ(小5)は、

「パパは『はだしのゲン』って
 名前は聞いたことあるけど、
 お話は全然知らないんだって。

 広島に住んでるんだから、
 そのくらい知らなくちゃダメだよって
 パパに言ったんだよ。」

と他県出身の夫に
説教(?)したらしい…。(^^ゞ

というわけで、夫にとっては、
40ン歳、広島での生活20数年にして、
記念すべき「はだしのゲン」デビューとなりました。

こんなことが言えるようになったメイに
「成長したんだなぁ…。」
としみじみ感動……。

いつもは、
「子どもは、夜9時台に布団に入る!」
のが鉄則の我が家ですが、
「はだしのゲン」放映の二日間だけは、
親公認の(?)夜更かし日。

テレビを見終わったメイは、
今年も「はだしのゲン」を
本棚から取り出して読み始めています。

どうか、麦のように、強くたくましく
優しい子に育ちますように!


P.S.

父のお墓に参りながら、
「はだしのゲン」のお父さんの姿が
亡き父に重なりました。

ゲンが父親を失った年と
私が父親を亡くした年は
ほとんど一緒だったんですが、

ゲンのお父さんが遺した言葉が
父からの言葉のように思い出されて、
墓前で手を合わせながら
「千の風」が吹いたような気がしました…。




広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓




14日より、大阪まで家族旅行です♪
(一泊二日なので、すぐ帰ってきます。(^^ゞ)

映画大好き中年の私、
子どもたち以上にUSJが楽しみ~~♪

コメントやメールへのお返事が
遅くなるかもしれませんが、
ご了解くださいね。

旅行報告は、また16日以降に!(^O^)/



















スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お説教ですか 笑
パパに一生懸命にお話できるのは、とても自分で感じ取ることがあったんでしょうね。
【2007/08/13 06:44】 URL | ハッスルカーン #DNJt7/Cc [ 編集]


広島で生まれ育った私にとっては原爆ってものを身近に感じますが
他県の方はあまりメジャーでないんですよね〜
はだしのゲンも日本中の人が普通にみていたもの思っていたけれど
そうでもないんですよね

原爆への意識が風化されつつある現代・・
子供達にもしっかり語りついでいかないといけないですね

大阪旅行楽しんできてくださいね〜^^
【2007/08/13 08:47】 URL | ハイジ #gg36Nr4I [ 編集]

ハッスルカーンさんへ♪
コメントありがとうございます。
お説教…。
夫には悪いけど、ちょっと笑ってしまいました。
妻のお説教よりも効くようです。(笑)
『だんだんと広島の人間としての使命に
目覚めてきたのか?』
『いや、親に対する視線がシビアになったのか…』
と思わせる娘の説教に
ちょっと成長を感じてしまった一件でした。
【2007/08/13 08:55】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ハイジさんへ♪
コメントありがとうございます♪
他県の人と広島県人の意識の違いは
「はだしのゲン」にも出ているのでしょうね。
3歳年上の夫、
「はだしのゲン」連載時は中学生くらい?
勉強ばかりしてたから
マンガは読んでなかったなんて
絶対に言わせないぞ〜〜〜!?

今回のテレビ放映によって
「はだしのゲン」のメッセージが
全国に広がっていくといいなぁって
思っています。
【2007/08/13 09:02】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


嫁は東京出身なので
「はだしのゲン」は知ってても、戦争漫画くらいにしか思ってませんしてたね。
今回初めて知りましたが、少々ショックだす。
原爆資料権もそうですが、
「はだしのゲン」もその都度感じる思いが違うんですね。(年齢に応じてなのか)
生きる意欲って何なんだろ〜って思ったとき
まさに家族なんだと今回強く感じましたよ
【2007/08/13 09:15】 URL | あんこや #- [ 編集]

あんこやさんへ♪
やはり広島以外では、
「はだしのゲン」の認識は違うのかも…。

私も「はだしのゲン」を今回見て感じたのは
「家族の絆」でした。
昔に比べると、母親としての視点から
「はだしのゲン」を見てるような気がします。

何年か後には、また、違った見方が
できるようになっているのかもしれませんね。
【2007/08/13 09:42】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

こんばんは
我が家でも見ていました。
子どもの頃からマリリンさんと同じで、教室にあったゲンを読んだり
映画などもありましたね。
子どもの頃は恐怖!そのものでした。
子どもが生まれて、私の説明よりもストレートに感じれると、はだしのゲンを買って子どもに読ませました。
ドラマを見た後、また読み返していました。
「今の日本は平和っていうけど、戦争協力してる、ほんまの平和じゃない」と、娘
「頭の上に爆弾は落ちてこないけど、自分がよけりゃいいってもんでもないし、
今も世界では戦争や紛争あるし、過去の話じゃないよねぇ」と。
ほんまにそうですよね。
だけど「戦争はなくならなん」「必要」と言う人がいうのもたしか
子どもたちの未来を暗いものにしないためにも、1人ひとりが
「忘れない、繰り返さない、あきらめない」ことを再度確認しました
もう、わたしも涙、涙で、大泣きしながら見ました・・。
【2007/08/13 18:20】 URL | ふか #u2lyCPR2 [ 編集]

もろもろです
こんにちは、このメールを読まれる頃は、大阪から帰宅された頃でしょうか。私も、3泊で関西に旅してきました。伊賀の里やら、神社などのパワースポット巡り?最後は大仏でしたよ^^;v-22
まずは前回の記事、アトピっ子クリーム!是非、開催希望で、できれば誘致?させていただきたい。。。切望です。我が家の子は温泉療法?が効いたのか、今ではほとんど出ないのですが、アレルギー持ちには変わりありません。お友達には大人から子どもまで悩んでいる人が沢山居ます。またご相談させてください。(トピずれすみません)
そして、はだしのゲン・・先日来からの平和に関する記事を読ませてもらい、ホント色々考えて、元保育士の職場の子ともあれやこれや話をしました、そしたら、11時2分すっかり飛び越してしまっていましたv-12
ぞうのはな子は、お姉ちゃん号泣で途中リタイア、はだしのゲンはビデオにおさめたまま、まだ見ていません。でも、5歳の長男は、とにかく、”千の風見たい!”と興味津々でした。ぞうのはな子も、絵本で読んでいたせいか、冷静に解説入りで見ておりました。さて、はだしのゲンはどう見るか・・。
今回訪れた奈良で、フラワーフェスティバルであったような、ろうそくに灯をともし、奈良公園を飾っていくという燈花会という催しがあり、参加してみました。15日には戦没者慰霊と世界平和への祈りを込めた大文字送り火があるようですが、その他の日に関しては、特に平和の祈り・・といった意味あいはあまり感じられませんでした。でもこれは奈良と広島の街が持つ役割?の違いであるのだなと・・。
すみません、長くなりました。また語りたいです。おみやげ話楽しみにしていま〜す!!
【2007/08/14 08:19】 URL | たまじょ #- [ 編集]


「はだしのゲン」、録画しておいて一気に観ました。
やっぱり、涙なみだ・・・中井貴一や石田ゆり子は現代的な配役だな〜と思ったけど、子役がみんなかわいくて、引き込まれました。
3年生の長男は神妙に観てたけど、1年生の次男は「戦争ってなんなん??」「戦争って?」と質問ばかり。一応説明したけど、「??」な様子でした。やれやれ・・。^^;でも、いつかわかってくれることと信じています。
【2007/08/14 09:20】 URL | sakurairo #lGuIQBdo [ 編集]

はだしのゲン
小さい頃近所で撮影がありましたので今回のドラマも楽しみにしてました。
万人に見やすく作ってましたね。映画では目を背けたくなるシーンも多かったんですが・・・はだしのゲンはイジメ問題へのメッセージでもあると思ったのは気のせいでしょうか?自分が正しいと思ったら声を出す勇気!現代社会への想いも含まれてる気がしてなりません。
【2007/08/14 17:59】 URL | シシマル #WVb5vgCk [ 編集]


前編を見逃してしまって、くやしい〜!
後編は涙しながら見ました。
子どもの頃とちがって、今回マリリンさんと同じく
母親としての視点で見ていましたね。
こどもたちも一緒に見ましたが、どんなふうに感じたかな・・・
【2007/08/15 06:45】 URL | さき #huUCMtYc [ 編集]


東京出身の友人が広島にいたころ、その友人が東京から来られると、資料館に連れて行っていました。
皆さん言われていました。「ここは必ず訪れなくてはいけない場所だ」とね。
広島市民の多くの方も、あまり訪れてはいなのじゃないのでしょうか。
大人になっても、何度でも訪れて欲しい場所ですね。

平和公園を歩きながらいろいろと説明ができるなんて、素敵なお母さんですね。
【2007/08/15 07:52】 URL | やんじ #- [ 編集]


我が家も号泣でした。
以前、児童館に勤めていた頃、作者の中澤けいじ先生の講演とはだしのゲンのアニメを一緒にみる機会がありました。
とても心に突き刺さる内容で、広島に住んでいる意味を 子どもたちに伝えなくては!と強く感じたものです。
【2007/08/15 19:09】 URL | チェリー #RXtWfVJQ [ 編集]

ふかさんへ♪
コメントありがとうございます!
戦争も原爆も知らない私には
どうしても、伝えきれない部分を
【はだしのゲン】は伝えてくれる…。
私もそんな気持ちで子どもに読ませています。

お子さんの鋭い意見、すごいなぁ…。
大人としての責任をひしひしと感じています。
「忘れない、繰り返さない、あきらめない」を
私も胸に刻んでおきたいと思います。
【2007/08/16 09:17】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

たまじょさんへ♪
コメントありがとうございます♪
伊賀の里も、大仏も、20代に行ったきりで。
(大昔です〜〜!)
時間があったら、行きたかったです!
平和についても、場所が変われば
役割もまた違うのかもしれませんね。

子ども達にも、年齢や個性に応じて
平和を考える機会を与えていけるといいですよね。

講習会の件は、また希望内容などご相談くださいね。
またいろいろお話しましょう!
いつもありがとうございます♪(*^_^*)
【2007/08/16 09:50】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

sakurairoさんへ♪
「はだしのゲン」では子役が可愛かった!
可愛い分だけ余計に、涙を誘いましたね。
中井貴一は「ふぞろいな林檎たち」(古いっ!)で
頼りなげ〜〜な学生を演じてたのに、
こんな役をするようになったのかと
ヘンなところで感心していました。

小学校1年生には「戦争」は
まだ分かりにくいかもしれないけど、
(小5のメイもまだよくは分かってないけど…)
分かってくれる日を信じて
平和への思いを発信していきたいですネ。
【2007/08/16 09:57】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

シシマルさんへ♪
コメントありがとうございます!
確かに映画よりは
万人向けだったかもしれませんね。
映画の方がもっとリアルでしたから…。
(それもまた必要でもあるのですが)

いじめ問題へのメッセージというのも
確かに感じますね。
いじめが多発する日本。(大人も子どもも!)
「本当に平和なの?」
という思いもやはりあるんですよね。
【平和】の対極にある【いじめ】というのも
今の日本には大切な視点かもしれませんね。
【2007/08/16 10:03】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

さきさんへ♪
コメントありがとうございます♪
前編を見逃したのは残念でしたが
後半だけでも訴えるものが
たくさんありましたよね。
子どもの頃とは違った視点で見ている自分、
母親としての視点で見ている自分を
私も強く感じました。
子ども達も、子どもなりの感想を
持ってくれているのかな?
そして、大人になったときには、
「お母さんは、こんな気持ちだったんだ…。」
って気づいてくれるといいなぁって思っています。
【2007/08/16 10:06】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

やんじさんへ♪
コメントありがとうございます!
本当は世界中の人に訪れて欲しい場所。
でも、広島の人間でさえ、
まだ多くは訪れていない場所が
資料館なのでしょうね。

私はたまたま教員をしてた時期が長かったので、
年に2〜3度は訪れていましたが、
行くたびに新しい気づきや思いが湧き上がります。
娘達に説明している内容も
おかげ様で教員時代の経験が役立っていますが、
まだまだ知らないことがいっぱいです。
まず、知らなければ!
そして、真実を学ばなければと痛感しています。
【2007/08/16 10:14】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

チェリーさんへ♪
コメントありがとうございます。
中沢啓治さんの講演とアニメ映画なんてすごい!
私も中沢さんのお話、聞いてみたいなぁ…。

原爆を経験したことについては、
最初は忘れたい気持ちが強かったと
何かの本で読んだことがあります。
「はだしのゲン」を通して発信し始めた経緯には
いろんな思いがあったことでしょうね。

広島に住んでいる意味を
子どもたちに伝え続けなくてはいけませんね…。
【2007/08/16 10:21】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/103-0efb4e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。