チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さつきのハゲしい夏~障害児が過ごす夏休み~
長女さつきの夏休みも
今日でおしまい。

障害を持つさつきにとって
長期休業をどう過ごすかというのは
大きな課題の一つです。

小学校3年生までは、
私が働いていたということで
学童保育でお世話になりましたが、

小学校最初の夏休み前に、学童の先生から
「夏休み中は、
 できるだけ家庭で見てもらえませんか?」
と言われたことはかなりショックでした。

夏休みと言っても、教員が正式に休めるのは
実は、夏季休暇や厚生休暇などほんの5日程度。

夏休みの会議や研修も
昔に比べるとどんどん増えてきて、
有給休暇も取りにくいような状況は
すでに始まっていました。

その合間を縫うようにして、
院内学級の子どもの様子を見に行き…。

そんな状態だったので、
「先生も夏休みなんだから、
 さつきちゃん、家で見てもらえますよね?」
と当たり前のように言われたことは
正直傷つきました。

夏休みでも仕事はあるのに、
学童で見てもらえなかったら
どうすればいいんだろう…?

いえ、一番、傷ついたのは、
(さつきが、夏休みに行くのは、
 迷惑なんだろうか…?)
という先生の気持ちを
言葉の端々から感じてしまったから。

「加配だからって
 別にさつきちゃん一人に
 つくための先生ではないんです。」

「広島の学童保育は、
 障害児を受け入れる態勢が
 まだできていないんです。」

と言われるたびに
「何かが違うのでは?」と感じていました。

親である私に
そんなことを伝える真意は
なんなのだろうか?

なんだか責められているような気がして
いたたまれなくなりました…。


いえ、よく分かるんですよ。
片時もじっとしていることがないさつき。
多動で衝動的な行動が多いさつき。

少しでも目を離すと
何をしでかすか分からないさつきが
どれほど大変かって言うことは。

少ない人員で
たくさんの子ども達を見なければならない
先生達の労働状況にも
大きな問題があるということ。

先生なりに一生懸命に
頑張っておられるということも。

でもね。
「本当は来てもらわない方がいいのに…。」
という先生の気持ちが垣間見えてしまうのは、
やっぱりつらいんです。

ワンパク坊主もオテンバ姫も
学童保育の中にはたくさんいるけれど、
「夏休みはできるだけ来ないで下さい。」
と言われたのは、私だけ(さつきだけ)。

私以外にも、学校の先生はいたけど、
「夏休みだから、家で見てください。」
とは一言も言われていないと後から聞きました。

そんなことがあると、
なんだかさつきの存在そのものを
否定されているような気がして…。

学童保育をやめてから
障害児対象のサマースクールなどにも
参加する機会がありましたが

「さつきちゃ~~ん、会いたかったよ~~!」

とボランティアさんたちが笑顔で迎えてくれるのが
やっぱり嬉しくてたまらないんです。

さつきを過ごすことを
楽しんでくれていると感じられる笑顔。

私が学童保育の先生に求めてたのは
多分、その笑顔だったのでしょうね。



家庭で過ごす時間はもちろん大切。
(障害を持つ持たないに限らず、ですが。)

でも、働いているかどうかに関わらず
障害を持つ子どもが
夏休みを快適に過ごせる居場所は
家庭以外にも
必要なのはないかぁと思っています。


子どもが家庭から離れて
安心して過ごせる場所があること。

受け入れられる居場所があることは

「ここにいていいんだ!」
「存在してていいんだ!」

と胸を張って言えることにも
つながっていると思うんです。


今年の夏休み、さつきは週に2~3回、
デイサービスに通い、
大好きなヘルパーさんや保育士さんたちに
たくさんかわいがってもらいながら
いろいろな体験をさせてもらいました。

「毎日、行きたい!」

というさつきを

「それじゃあ、ママが寂しいから、
 ママとも一緒に過ごそうよ。」

と引き止めながら。(^^ゞ



さて!
ここからは、オマケ話。

夏休みも残り少なくなったある日。

さつきとメイを連れて
デパートに行くことにしました。

デパート大好き少女さつきは
マネキンが大好き!

ふと目を離すと、
めかしこんだマネキンさん達を
触りまくっている!

おいおい!

と思った矢先、
さつきの手がかわいい女の子の髪に伸び
ニコニコしながらもてあそび始めました。

ちょっと、ちょっと~~~!

と止めようとした瞬間に起こったこと…。



ここまで書くと、想像がつく方も
いらっしゃるかしら?

そうなんです。

その瞬間…








カツラが下に落ちてしまった~~~~!




ギョっ!


私は慌ててカツラを拾い、
かわいいマネキンさんのスキンヘッドに
カツラを装着しようとしたのですが、


いったん頭の上に置いたカツラが
つるんと滑って、
再度、フロアーに落ちる!

慌てて再挑戦する母マリリン。

ニコニコと嬉しそうなさつき。

笑い転げているメイ。

そして、何事も無かったかのように
愛らしく微笑む
カツラの取れたマネキン美少女……。


周囲の方たちにとっては
マンガだったことでしょう。


さつきのハゲしい夏休みが
終わろうとしていました…。


明日からいきなり5時間授業に復帰です。


さつき、がんばりんさいよ!!




広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

> 夏休みと言っても、教員が正式に休めるのは
> 実は、夏季休暇や厚生休暇などほんの5日程度。
知らなかったです。
子供の頃、夏休みに学校へ行くと殆ど居なかったのでお休みかと思っていました。

>「広島の学童保育は、障害児を受け入れる態勢がまだできていないんです。」
私もこれは違うと思います。
【2007/08/28 12:56】 URL | あっちゃん #- [ 編集]

あっちゃんへ♪
コメントありがとうございます!
地域によって、学校によって
教員が休みが取りやすいかどうかは
随分差があるんですよ。
研究会に行ったり、
水泳指導をしたり、
運動会の準備に取り掛かったりと
夏休みの仕事は結構あります。
それでも、かつては、
自宅での研修が認められていたし、
休み中の年次休暇が取りやすかったので
「先生たちも子どもと一緒に夏休み!」
という印象が強くなってしまったのでしょうね。
市の態勢がどうであっても、
親が欲しいのは、目の前の先生が
我が子を受け入れてくれるかどうか
なんですけどね。
その心のすれ違いが悲しかったです

【2007/08/28 13:07】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


本当に、教員の仕事は一般の人が想像する以上に大変ですよね。
私も子供の頃は、先生は長い夏休みが取れて羨ましい職業だな〜
なんて、思っていた内の一人でした。
私の彼の母親も教員なのですが、
子供の頃から家族揃って旅行をしたことがない、
母親に遊んでもらった記憶がない、と言います。
友人も臨採で担任として働いていますが、
夏休み期間中、毎日学校に行っています。
唯一、夏休みの間は定時であがれるのだとか・・・。
本当に大変な仕事だと思います。
その友人は、普通学級の担任につく前は
ずっと養護学級の副担任をしていました。
運動会を見に行ったのですが、
普段見たこともない見事な先生っぷりでした。
子供たちと一生懸命遊んで、一生懸命叱って、
まとわり付いて話しかけてくる子供たちに笑顔で答えて。
先生だって人間、待遇に不満を抱えることもあれば、
ストレスを感じることだってあるはず。
でもそれを子供たちや、親の前で見せないのが
“先生”なのかなぁと思ったりもします。
障害を持つ子供の親御さん、「うちの子をみてもらって当然!」
と思いながら、学校へ通わせている方なんていないと思います。
先生と親御さんが、互いを思い合える関係。理想論かもしれませんが
そんな関係がたくさん生まれてくれるといいなぁと思います。

【2007/08/28 13:54】 URL | はいじ #- [ 編集]


眼を細めながら・・・
うんうんとうなずきながら読ませていただいておりました。
途中まで!
マリリンさん、サザエさんですかっ!!
夏休みが終わっちゃいますね〜
息子が昨夜、習字の宿題で『電子納税』と筆で書いていました。
なんで電子納税なんでしょう〜笑


【2007/08/28 14:39】 URL | すぅ #- [ 編集]


学童保育の先生の「お母さんがお休みの時は、家庭で子どもを見てください。」という言葉、保育園でも当たり前のように言っている時代がありました。ほんの数年前まで。

今は保育園自体の考え方が変わって柔軟になり、「保護者のリフレッシュの時間のため」という理由でも問題なく子どもを預かるようになっています。
例えば、土曜日にお母さんが仕事はお休みでも 美容院に行くとか 買い物に行くとか たまった家事をやりたい なんていうのもOKになっています。
少子化対策の影響もあるでしょうが、保護者に余裕がなくて ネグレクトを含む虐待を防止するという理由もあるようです。
しかし、昔の考え方とはいえ「お母さんが休み」の場合は特に 「家で子どもを見ろ」って言われていたんですよね。(実際 言っていました・・・)

でも、まだまだこういう考えを持っている先生たちは多いと思います。
言葉では「家庭で過ごせるときは 家にいるほうが 子どものため」と言いながらも、「子どもが1人でも来ないほうが先生も楽」という態度は隠せませんよね。
結局は 先生の都合だと思います。

言われた立場のマリリンさんの気持ちが聞けてよかったです。
機会があれば、保育園でも話をしてみたいと思います。

さつきちゃん、楽しい夏休みだったようですね。「毎日行きたい」って、素敵な所なんでしょうねー。
デパートでのやり取り、頭に画像が浮かんで笑ってしまいました。笑い転げるメイちゃんもナイス!
【2007/08/28 17:58】 URL | まりりん #- [ 編集]


ハゲしいさつきちゃんには 笑わせていただきました!ありがとう^^

学童保育でも保育所でも やはり保育に欠けるという状態にないと、預かることが出来ないという前提がありますので、そのルールに従うとこういう言い方が まかり通ってしまうんでしょうね。(すべての人に当てはまらないのに、何故か あたりまえに そう言われた人は多い…)
しかし、実際は子どもが一人でも少ないほうが仕事が楽だったりするのが 見え見えなのに、子どものためとか 子どもがかわいそうとか 子どもを盾にした 発言を保育者から投げかけられると、とても悲しくなりますよね。
私も保育士の端くれですが、自分自身も子どもを保育所に預けていたときに 言われて悲しかった経験があるので、そこは気をつけたいと思っています。
【2007/08/28 20:40】 URL | チェリー #RXtWfVJQ [ 編集]

はいじさんへ♪
コメントありがとうございます♪
はいじさんの彼のお母様も
教師をされているのですね。
私自身、我が子が仕事よりも
後回しという状況が多くあったので、
パートナーさんの言葉には、親としての反省点が
たくさん含まれています。
残念ながら、学童の先生とは
すれ違ったままで終わってしまいましたが、
私の方もその溝を埋める努力が
足りなかったのかもしれません。
この点も今思えば反省です。(^^ゞ
【2007/08/28 21:36】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

すぅさんへ♪
コメントありがとうございます♪
は〜い、サザエでございま〜す!(^O^)
まぁ、私の日常、大体こんなもんです。(笑)
「電子納税」の宿題にも、笑わせていただきました。
さつきも、ぎりぎりになって宿題が済みました!
ほっ☆
【2007/08/28 21:39】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

まりりんさんへ♪
コメントありがとうございます♪
「親が休みの時は親が見る」という考え方自体に
反対しているわけではないんです。
(その点が言葉足らずだったので、
 ちょっとだけ本文を修正してみました。)
私が先生の言葉に戸惑ってしまったのは、
「先生は、夏休みが全部休み」と決め付けられたこと。
(実際には仕事があるのになぁと……。)

何よりもショックが大きかったのは、
夏休みは家で見てほしいという理由が
さつきの障害だったことです。
全てのお母さんに同じ言葉を言われたのなら
それほどなんとも思わなかったんですが、
「夏休みは休んでください。」
と言われたのは、1対1のお話の時で
私だけだったんです…。

さつきが手がかかるのは百も承知。
でも、障害を理由に
「できるだけ休んでください。」
と言われるのは、やはりつらいのです…。

もし、保育に携わる先生方にお願いするとしたら
「子どもを障害を理由にして、
 預かる、預かれないを決めないで。」
ということでしょうか?

もちろん、まりりんさんや周りの先生方は、
そんな先生ではないと信じています。(*^_^*)

それにしても、保育園の役割というのは
ここ数年で進化しているのですね。
お母さんが自分の時間を持つことの応援、
お母さんのケアするという役割も
担うのが保育の場であり、
保育士の先生なのでしょうね。(*^_^*)


【2007/08/28 22:02】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

チェリーさんへ♪
コメントありがとうございます♪
保育園や学童保育が
「保育に欠ける」状況の時に預かるところって
それ自体は、筋が通っていると思いますよ。
私自身、自分が休めるときには、
さつきの学童も休ませようと思っていましたし。

ただ、それが
「学校の先生だから夏休みはずっと休みだろう」
という憶測だけで「夏休みは家で見てください。」
というのはやめてほしかったなぁと思います。

何よりも「夏休みは家で…」という理由が
さつきの障害だったこと。
それが一番、やりきれなくて、
当時はかなり落ち込みました。
かなりあからさまに言われてしまったので…。
もちろん、チェリーさんは、
ちゃんとお母さんの立場になって
語りかけてくださる保育士さんだと思いますよ。(*^_^*)

ハゲしいさつきは、ますますパワフルになって
明日から学校です♪
【2007/08/28 22:21】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


学童保育の先生って、どんな立場の人なんですか?
私の知り合いのお母さんも、学童保育に子供をあずけていましたが、
子供がいじめに会っても何もしてくれないからといって、行かすのをやめさせたみたいです。

障がいのある子供を受け入れることができないのなら、始めに言うべきですね。
それとも、受け入れができないという規定がないのに言っているのであれば、
そのこと方が、問題ですね。

公的なものは、バリアフリーという形はつくるけど、(決まりだから)
結局心がこもっていないのでしょうね。

マネキンと一番遊んだのは、お母さんということですね。
【2007/08/28 23:06】 URL | やんじ #- [ 編集]

やんじさんへ♪
コメントありがとうございます!
学童保育の先生、学校の教師もそうでしょうが、
いろんな方がいるのでしょうね。
子どもを大切にされる先生も
たくさんいらっしゃると聞いていますが、
「何もしてくれない…。」
というお話も確かに聞きます。

障害児の入会については、小学校入学以前に
自分なりに調べて問題なしということだったのに
「まだ障害児を受け入れる態勢ではない。」
と言われたのは、やはりショックでした。
障害児を受け入れるかどうかではなくて、
「よりスムーズに受け入れるために
 親と指導員が何をしたらいいのか?」ということを
前向きに話し合える関係を作れなかったのは、残念です。
(私にも反省するところは、かなりあると思ってますが…。)

マネキンちゃん、スキンヘッドでも可愛かったですよ。
ホントにお母さんも遊ばせていただきました☆

【2007/08/28 23:21】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


今日から新学期の学校が多いんですね!

>「加配だからって
 別にさつきちゃん一人に
 つくための先生ではないんです。」

>「広島の学童保育は、
 障害児を受け入れる態勢が
 まだできていないんです。」

キツイ言葉ですね!
教育にかかわってる方がこういうことを
言うのはナンセンスじゃないかと思います。
【2007/08/29 14:52】 URL | マーミン #PefwKnF. [ 編集]

ハゲしい夏
私の ハゲしい夏も 終わろうとしています。
デイサービスが 利用できるんですね。
三次市には課題はあるけれども 生活訓練事業という障害を持った子どもたちが長期休業中の居場所がある事が素敵だな〜と思うのです。
学童保育も小3まで?・・・・三次は小6まで障害を持った子どもの場合は枠が広がっています。ほんとうは 学童保育で いつも過ごしている子どもたちと一緒に過ごせるほうがいいと思うのですが 中学高校となると学童保育はないし・・・。
今年も 生活訓練に私も参加しています。
先週の金曜日は 声かけのタイミングが悪く ひと波乱あり 茶種は久々落ち込みました。高価な演台壊しちゃったからね^^;事業の保険で直してもらうことになったけど 保護者の気持ち考えるとね・・・。3日引きずったぞ〜。でも そこで待っててくれる子たちがいると思うと嬉しいものです。気持ちが通じてると感じた時が
 たまらなく嬉しい・・。この気持ちを 感じたいのかな・・・
【2007/08/29 15:26】 URL | 茶種 #mQop/nM. [ 編集]

マーミンさんへ♪
コメントありがとうございます♪
夏休みが昨日までって、今年からなので、
親も子もまだピンと来ません???
(夏ボケの続く親子。(^^ゞ)
あの時の先生の言葉、やはりつらかったです。
できることなら、他の子どもたちとお母さんには
同じ言葉を聞かせないでという気持ちでいっぱいです。


【2007/08/29 17:05】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

茶種さんへ♪
コメントありがとうございます♪
茶種さんの夏もハゲしかったのですネ。
でも、三次の生活訓練事業は
素晴らしい制度だと思います。
広島の学童は進んでいるとよく言われるけど、
定員の関係で、
1年生まで、2年生までしか入れない地域も
あると聞いてます。
他地域では、障害を持つ子ども達が
4年生以上であっても利用できるところも
あると聞いたので、広島市全域も
そうなってほしいと思っていたのですけど…。
茶種さんも本当にお疲れ様でした!
茶種さんのあの笑顔に癒された子ども達と
保護者の方達がたくさんいたことでしょうね。
地域こそ違うけれど、
私まで感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとう!
茶種さんの激しい夏に、感謝☆
【2007/08/29 17:16】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


障害が有るとか無いとかではなく、
誰もが楽しく安心して過ごせる
場所があってほしいなあと思います^^

マネキンエピソード、微笑ましかったです^^
【2007/08/29 17:36】 URL | きんちゃん #dvUYBDnY [ 編集]

きんちゃんへ♪
コメントありがとうございます♪
そうですね。
誰もが笑顔で楽しく過ごせる場所を
障害があってもなくても共有できれば
素敵ですよね。

マネキンエピソード。
これが人間でなくてよかったと思います。(^^ゞ
【2007/08/29 19:03】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/112-ada2ee1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。