チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいニュース……
先日、yahooニュースを見ていて
目が釘付けになった記事。

60歳の祖母が生後3ヶ月の孫を
手にかけてしまったと…。

あぁ、あってはならないことが
起こってしまった…。

暗い面持ちでさらに読み進めていくと
生後3ヶ月の赤ちゃんには
知的障害があり、
将来を悲観した挙句の犯行だったと
書かれていました。


なんだか…やりきれないですね…。

3ヶ月の命は短すぎて
胸が張り裂けそうになります。

我が子の赤ちゃん時代と重なって
涙がこぼれそうになります。

増してやその理由が
【障害を苦にして…】ということであれば、
なおさらつらい…。

どんな理由があっても
人の命を殺めることは許されない。

でも、同じようなニュースを耳にするたびに

「このお母さんは(今回のニュースはおばあさん)
 私だったかもしれないんだ…。」

とまず思ってしまうんです。

我が子の障害を乗り越えようとして
乗り越えられない苦しみや絶望感。

【何をしてもおかしくない状況】
って私にもあったかもしれないなぁ。

でも、悩みの種と思っていたはずの子どもは
今は幸せの花となって微笑んでくれてます。

あの頃の自分が、今の自分を見たら
「な~んだ!
 あんなに能天気に生きてるよ。」
って思わず脱力!?


我が子のハンディキャップで悩むお母さん達に
(あるいは、お父さん、おばあちゃん、
 おじいちゃん達も含めた家族みんなに!)

「だいじょうぶ、だいじょうぶ!
 みんな幸せになれるから♪」

どうか、そんなメッセージが
仕事を通して伝えられますように!

そして、もう二度と同じ悲劇が
繰り返されませんように…。


広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓















スポンサーサイト

この記事に対するコメント

それだけの困難に打ち勝てる
選ばれた人達である
って、ある本に書いたありました。
悲劇が繰り返されませんように・・
【2007/09/06 08:40】 URL | あんこや #- [ 編集]

胸が痛みます
本当に、胸の痛むニュースです。でも、本当に人事ではないんですよね。誰の身にも起こり得ることだとおもいます。

知り合いの赤ちゃんですが、重い障害があると分かったとき
親族が集まって、これからのことを真剣に話し合ってくれたそうです。
お母さんだけに負担がかからないように。
お母さんは「こんな家だから、この子がうちに来たんだ」って、明るく笑って話してくれました。「この子は 幸せです」と、言い切ったお母さんの笑顔、本当に輝いていました。
マリリンさんの言うとおり、その子は「幸せの花」のようです。
チビ兄も目に見えない障害なので、今 学校では ずい分しんどい状況のようです。
家に帰ってきたときは、「よく頑張った」と目いっぱい誉めてやります。
モチロン、チビ兄も「我が家の花」ですね(^0^)
【2007/09/06 09:12】 URL | まりりん #- [ 編集]

あんこやさんへ♪
コメントありがとうございます。
温かい言葉、勇気の出る言葉ですね。
時に「バチが当たったんよ。」
という冷たい言葉を聞くことがありますが、
私はあんこやさん説(?)を心に刻みたいと思います。
【2007/09/06 10:13】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

まりりんさんへ♪
コメントありがとうございます。
素晴らしいお話、感動しました。
こんな温かい中で子育てができるって
なんて素敵なんでしょう!

重度の障害の方の問題とは別のつらさを
目に見えにくいハンディのある場合は、
抱えることになるのですが、
チビ兄君の優しい笑顔は、まさに「花」ですね。
そして、そんなまりりんさんをお母さんに持って
チビ兄君は幸せですネ!
【2007/09/06 10:17】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

http://chaironotane.cocolog-nifty.com/blog/
ホントに 悲しいニュースです。
日曜日に友だちが声をかけてくれて脳性まひの1歳の子どもさんの体操補助に行きました。3人目のおこさんで お母さん自身障害をうけとめできることすべてを3人目にしてやりたいと頑張っておられました。おうちの中にも工夫がいっぱいでした。リハビリのmenuもかなり 時間的にもハードで 実際そこまでしなきゃいけないのかと思うくらいに 取り組まれていました。(反対に煮詰まったりしないのかと心配でした。)そして その日一番気になったのが 2番目のお子さん。年長さんかな・・・。お母さんに 強烈なるアピ〜〜〜〜ル。私はその子をケアしたかった。障害を持つ子どもがいる家では 家族のケアって忘れてはいけないことだなと思っていたところに マリリンさんのこの記事でした。
【2007/09/06 11:13】 URL | 茶種 #mQop/nM. [ 編集]


私の娘が障害が残るかもしれないと告げられた時、母が『今だから言うけど死んでくれたほうがいいと思った』って言ってました。私だってその思いはよぎりましたし・・・
三ヶ月の赤ちゃん、四ヶ月目にはもっとかわいい笑顔が見られたかもしれない。
お祖母さんが・・・という所が余計に切ないです。
【2007/09/06 13:50】 URL | すぅ #- [ 編集]


家族が子供に手をかけるニュースは本当に胸が痛みます。
私達も長男がADHDと診断され
この結果を受け止めて生活しています。
妻にだけ負担をかける事無く、
出来る限り協力して長男を含め3人の子育てに
いそしんでいます。
受け止めさえすればそこがまたかわいく思えたりもします。
私達にもこれからまだまだ大きな試練がやってきますが
両親、妹達を含めた家族がしっかりと支えてやれば
何とかなると信じています。
家族がこの子を信じてやらなければこの子自身が
これからの試練に耐えられないと思います。
重度、軽度の差はありますが
皆さんが大丈夫だった人達と同じように思えたら
このような事件は無くなると思うのですが
残念です・・・・・
【2007/09/06 14:37】 URL | LUFT #2WdbYHDY [ 編集]


私も従兄弟のお兄ちゃんに、病気が原因の後天性の知的障害がありますが、ずっと年上なのに、天使のようなハートに接する度、いつもある意味ショックを受けます。
そして、自分や他者の中にあるエゴだとか、偏見だとかを思い知らされるんですよね…。
保育士時代も園長のお子さんに障害があることもあって、クラスにはダウン症や発達遅滞のお子さんもいる混合保育を預かりました。
アメリカにホームスティさせてもらった時も感じたのですが、日本ももっと特別視するのではなく、もっと自然に一緒に過ごせる世の中になるといいのに・・・。と、思いました。
今、健常と言われる人たちだって、明日にでも病気やケガで何らかの障害を、いつ持つかもしれない身なんですよね。明日は我が身。
そんな想像力をちょっと働かせてみれば、こんな悲劇や特別視は減り、もっと優しい世の中になるのでないかと思うのですが…。
甘いかな。。。

悲しすぎる事件です。
【2007/09/06 17:57】 URL | 増田 詩奈 #- [ 編集]


私の義妹も知的しょうがいがあります。
でも、なんていうのかな・・・
ホントに子供といっしょで、純粋です。
自分の子供たちになんて話そうか・・・って考えた時期もありましたが
娘達も義妹のことを自然に理解し
いつのまにか義妹の精神年齢を追い越し、お姉さんになりました。
プレゼントのお礼をもういいよっていうくらい、何度も何度もお礼を言ってくれて。嬉しいときは嬉しい、いやなときはいや。
感情表現にお世辞も偽りもなく。まっすぐストレートです。

首が座った・・・

立った、歩いた・・・

人より成長が遅いかもしれないけど、
それを見ないうちにこんな悲しい結論を出したことが本当に悲しいです。
出したことがすごく悲しいです。


【2007/09/06 19:41】 URL | sana #- [ 編集]

茶種さんへ♪
コメントありがとうございます♪
私も他人事ではないものを感じてます。
娘がもっと小さな頃は、
娘の障害を軽くしようと本を読み漁り、
自分ができることすべてを箇条書きにし、
訓練のような毎日を送っていたことがありました。

必死になりすぎて家庭内がギクシャクしました。
心にゆとりを持つことを忘れていた反省から
私はセラピーを始めたような気がします。
きょうだいのケアの大切さも痛切に感じています。
障害を持つ子のケア=ファミリーケアですね。
【2007/09/06 23:03】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

すぅさんへ♪
コメントありがとうございます♪
安易に分かると言ってしまうのは失礼かと思いながら
その気持ち、分かるような気がします。
私も同じような思いを抱いてしまったことが
何度もありましたから…。
私も4ヶ月、5ヶ月と成長する
赤ちゃんの姿を想像すると胸が痛みますね。
本当に切ない事件でした。
【2007/09/06 23:10】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

LUFTさんへ♪
コメントありがとうございます♪
我が娘も、自閉&知的障害と診断されましたが、
おそらくADHDの障害も入っていると思われます。
(ADHDについては、まだ検査をしてないのですが、
 これまでかかわったADHDのお子さんを思い出すと、
 おそらくそうではないかと…。)
LUFTさんのように家族みんなで
力を合わせることができるなんて素敵ですネ。
奥様にとってもさぞかし心強いことでしょう。
我が子の障害に直面できないお父さんは
かなり多いと聞くのですが、
LUFTさんのような存在がお母さん達を
サポートしてもらえるなら頼もしいですね。

【2007/09/06 23:19】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

詩奈さんへ♪
コメントありがとうございます♪
確かに先天的な障害はなかったとしても、
誰がいつどこで後天的な障害を持つことになるかは
誰にも分からないですよね。
私も院内学級時代にそれを痛感しました。
詩奈さんが保育士をされていた園は、
素晴らしいですね。
私も保育園時代の先生には、
随分、支えていただきましたが、
障害を持っているお子さんを
自然に受け止めてもらえる園が
増えていって欲しいものだなぁと思っています。
それだけで世間の偏見や悲しい事件が減ることにも
つながるような気がしています。
【2007/09/06 23:26】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

sanaさんへ♪
コメントありがとうございます♪
義妹さんを通して、気づくこと、学ぶこと、
たくさんありそうですね。
我が家の娘も、ワガママちゃんややんちゃ君が
しょっちゅう顔を出しながらも、
あぁ、ピュアだなぁってよく思うんですよ。
ホントによくも悪くもストレートです。
ゆっくりでもいいから
成長を喜べる親でありたいと思います。
【2007/09/06 23:32】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


マリリンさん、こんばんは

マリリンさんの書かれたこと、皆さんのコメントに感激しております。
簡単にはいえませんが、とても勉強になります。
先ほどニュースで、広島の母親と交際相手が虐待で逮捕されていました。・・
母親までもが、加担してたなんて悲しすぎますよね・・
【2007/09/07 00:27】 URL | ナンバー1 #YCGV19Ew [ 編集]

ナンバー1さんへ♪
コメントありがとうございます♪
私も皆さんからのコメントで
学ばせてもらってることや気づきが
たくさんあります。
悲しい出来事が続きますね。
一人ひとりができることを
考えていけたらよいなぁと思っています。
【2007/09/07 01:16】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


考えさせられる問題ですね。
そういうときこそ、仲間や地域の人、皆で助け合えたら、と思います。
【2007/09/07 07:24】 URL | なああも #- [ 編集]

なあももさんへ♪
コメントありがとうございます♪
本当は家族だけじゃなくて、
仲間や地域の人も助け合えるのが理想ですよね。
温かい目で見守ってくれるだけでも
がんばれるような気がします。
【2007/09/07 08:56】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/118-001eb4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。