チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小児がんの子どもたちの絵画展】
今日【小児がんの子どもたちの絵画展】
に行ってきました!

小児がんと闘う子どもたちの絵を、
闘病時のメッセージやエピソードとともに
紹介している展示会です。

福屋広島駅前店6F、
30日(日)までの展示なので、
土日に駅方面に用事のある方、
お買い物に行かれる方など
よろしければ、覗いてみてくださいね☆

ポストカードなどチャリティー活動も行われていて、
「がんの子供を守る会」に寄付され、
病気の子どもと家族のサポートに
役立たれることになっているとか。


広島の子ども達の作品はなかったんだけど、
一枚一枚の絵とエピソードは
私がかつて仕事としていた
院内学級の子ども達の姿と重なって
涙があふれて止まらなくなりました。

すでに亡くなってしまった子ども達の絵も
たくさんあったんだけど、
どの絵も生き生きと輝いていて、
素晴らしかった…。

最後にアンケートを書いている間も
涙腺が緩んでしまって困りました。


院内学級の子ども達は、
形の上では教師であった私以上に
私の先生でした。


会場では、院内学級時代に
お世話になっていた保護者の方、
(お子さんが院内学級から離れてからも
 院内学級のために東奔西走してくださってる
 私が尊敬するお母さん!)
 
教え子ではなかったのだけど、
院内学級をよく訪ねてくれていた方、
(小児がん経験者で
 今は素敵な女性になってます♪)

お二人が会場のお世話をしていたので、
久しぶりの再会も感無量でした。

教師からセラピストへ。
仕事の中身は変わっても、何らかの形で
闘病中の子ども達や家族の方たちのために
役に立てる日が来るといいなぁ…。

絵画展を通して、
小児がんと闘う子ども達の命の輝きが
たくさんの人の心に届きますように☆

財団法人 がんの子供を守る会

    ↑

がんの子ども達をサポートする会です。
私もあまり力にはなってないけど、
一応、会員です。(^^ゞ

広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

看護婦の知り合いから聞いたことがあります。
癌病棟の子供達・・
みんな明るくて、すごく前向きなんだと、
一生懸命頑張ってる姿に感動すると言ってました。
絵画展、残念なことに今回は行けそうにありませんが、
機会があれば、ぜひ見たいです。
【2007/09/29 06:53】 URL | ナンバー1 #YCGV19Ew [ 編集]

ガンバル姿
そんな気持ちの子供達の絵画を見てみたいです。
【2007/09/29 07:06】 URL | ハッスルカーン #DNJt7/Cc [ 編集]


生きてる証が作品に出てるのかもしれませんね〜
【2007/09/29 08:50】 URL | あんこや #- [ 編集]


うちの甥っ子も実は1才〜2才の時に、小児癌と診断され病院に入院していました。
病院に行くたび、同じ様な子供達がたくさんいることにビックリしたことを思い出します。
幸い、今は元気に生活していますけど、身体には手術の跡が背中と胸に今でも薄っすらと残っています。
戦っている子供達、家族の方々、毎日が「生きる」っていう事の確認をされているんですよね。
私も観たらきっと、号泣してしまいます。
【2007/09/29 08:53】 URL | みかぼん #Cv2s2L.A [ 編集]


絵だけだと大丈夫なのですが、
エピソード付だと全部見きる自信が・・・

涙もろいもので
時間があれば見に行きます。

【2007/09/29 12:48】 URL | LUFT #2WdbYHDY [ 編集]

命の輝き
小児科病棟には、子供が3度ほどお世話になりましたが、ガンだけでなく難病の
子どももいて・・・でもけなげに明るいんですよね。
親としてどうしてあげることも出来ない、持って行き場のない思いをかかえながら
それでも・・!そんな方たちのフォローも今までのマリリンの経験に活かされていくのだと思います。私自身、幼少の頃からよく入院してたから、
院内学級ってある意味・・・『すべての人の命が輝く場所☆』なんかなあと
思いました。
【2007/09/29 13:25】 URL | クリスタルターラ #- [ 編集]

ナンバー1さんへ♪
コメントありがとうございます♪
そうなんですよ。
病気の子どもというと、
暗くて元気がないなんて思ってる人も
多いんですけど、
子ども達は明るくて元気です。
そして、元気な裏にいろいろな思いを抱えながら
毎日を一生懸命生きているんですよね。
今回は作品を見る機会がなかったとしても、
こうやって心を寄せてくださる方がいるということが
とても嬉しいです。
【2007/09/29 20:08】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ハッスルカーンさんへ♪
コメントありがとうございます♪
骨髄バンクに関わる活動を実際にされている
ハッスルカーンさんにとっても、
心に響くものがあるのではないかしら?
こちらの方が勇気付けられるようでした…。
【2007/09/29 20:12】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

あんこやさんへ♪
コメントありがとうございます♪
子ども達にとっては生きる証そのもの。
すでに亡くなったお子さんもいらっしゃるのですが、
生きた証は、永遠に消えませんね…。
【2007/09/29 20:13】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

みかぼんさんへ♪
コメントありがとうございます♪
みかぼんさんの甥ごさんも、
大きな試練を乗り越えられたんですね。
身内に小児がんの方がいらっしゃると
余計に胸に迫るものがあることでしょう。
元気になられて、よかったですね。
【2007/09/29 20:17】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

LUFTさんへ♪
コメントありがとうございます♪
エピソードがあると、
余計に号泣してしまいますよね。
明日までなので、もし、お時間がありましたら…。
【2007/09/29 20:20】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

クリスタルターラさんへ♪
コメントありがとうございます♪
クリスタルターラさんも、
お子さんの入院生活、大変なことが
たくさんあったことでしょうね。
よくがんばりましたね!
小児病棟の子ども達って本当に明るくて、
他の病棟の雰囲気と全然違っていました。
大人の方が子ども達に勇気を与えられるみたいで…。
【院内学級は、すべての命が輝くところ】
教師の方が、まさにそれを教えられました。
【2007/09/29 20:26】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

やんじあらためやんぐです
小学校の2年生のときの夏休みに、交通事故で3週間入院していました。
病院の中の世界は、子供にはとても退屈な世界でした。
でも、多くの入院されている大人の方に相手にしていただき、
なんとか過すことができました。

でも、小児癌だ私では思いもよらないほどの退屈な世界になってしまうのでしょうね。
絵を描くことによって、その狭い空間から大きな空や碧い海、綺麗な花々そして家族や友人を思い巡らし。生きていることを、たくさん感じていることを、
教えてくれているのでしょうね。

広島にはまだ、子供病院がありませんね。
大都市広島にどうしてできないのか、何が邪魔をしているのか、
疑問に思います。
大切な子供たちの生きる権利を守れるような施設の充実を望んでいます。
【2007/09/29 22:42】 URL | やんじ #- [ 編集]

やんじあらためやんぐさんへ♪
コメントありがとうございます♪
やんぐさんがもっともっとヤングだった頃(?)
入院されていたのですね。
入院しているのだから、おとなしく…なんて
ワンパク盛りの子ども達には通用するはずもなく、
小児がんの子どもにとっても、それは同じなんですよね。
「病気だから、何もしなくていいよ。」って
ある意味、すごく残酷なことだと思います。

子ども達が病気になったときにも、
発達の権利が保障されるように、
子ども病院も含めて考えていく必要があると思います。
【2007/09/29 23:26】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

おはようございます^^
広島なんですねぇ〜。行きたいなぁ。
子どもたちの気持ちから出てくる、素直な絵なんでしょうね。
子どもが風邪をひいただけで心配なのに・・・と、考えたりします。
自分ができること、考えていきたいです。^^
【2007/09/30 10:29】 URL | ふか #u2lyCPR2 [ 編集]


観に行きたかったのですが出かける元気が今ひとつ。残念です。娘1の影響で毎年自閉症の子供達の会には行っているんですが すごく感動して帰ります。頑張っている子供達の応援したいですね。
【2007/09/30 17:11】 URL | おっちょこおばさん #mQop/nM. [ 編集]

ふかさんへ♪
コメントありがとうございます♪
本当に、我が子が風邪をひいただけで
心配でたまらないのが親ですものね。
子ども達の絵、とっても素敵でしたよ。
いつか機会があったら、
是非、見てみてくださいね♪(*^_^*)
【2007/09/30 21:37】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

おっちょこおばさんへ♪
コメントありがとうございます♪
今回は見られなくても、
きっとまた広島で見られるチャンスも
あるのではないかと思います。

自閉症の子ども達の絵も魅力的でしょうね。
親バカながら、
我が子(自閉っ子)の独特な世界にも
酔いしれていますから。(*^_^*)
【2007/09/30 21:41】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

拝見させていただきました。
ちょくちょく来させていただきます。
よかったら私の方もご覧いただけると光栄です。
【2008/06/04 20:37】 URL | 闘病者 #- [ 編集]

小児がん完治情報
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
癌についての情報を集めていますので、よろしければいらしてください。
【2008/06/24 15:46】 URL | 闘病者 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/135-eef40e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絵画絵画 (かいが) は、単に絵とも呼ばれ、一般的には、紙やキャンバスや壁などに絵を描くことによる芸術一般を指す。図画。特に溶剤を用いて顔料を溶かし、支持体に定着させる表現手段もさす。絵画のなかにはモナ・リザなど世界的に重要と考えられる芸術がいくつも存在する 美術のきざはし【2007/09/29 09:20】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。