チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルニーズ☆チャイルドのためのアロマテラピー講座
何らかの困難を抱える子ども達のことを
通常は「障害児」と言いますが、
今日は【スペシャルニーズ☆チャイルド】
という表現を使ってみました!

英語表現として、合ってるかどうかは
完全に無視してますので、あしからず♪

【特別な配慮を必要としている子ども】
と考えていただければいいかな?

自閉傾向、ADHD、LDなどの診断名が
ついた子ども達だけではなくて、
通常の学級では、集団行動が取れなかったり、
ルールを守るのが難しかったり、
落ち着いて行動できなかったりする子ども達。

広い範囲を総称して
【スペシャルニーズ☆チャイルド】
と呼ばせてもらうことにします。

2007年10月26日(金)午後2時~4時まで
【スペシャルニーズ☆チルドレン】の保護者
配慮が必要な子ども達に関わる機会のある方を対象として、
アロマテラピー講座を開催します。

内容は、

○アロマテラピーの基礎知識
○海外でのアロマテラピー実践の成果や
○子ども達におススメの精油や使い方、
○アロマテラピー以外のセラピーについて
○ハンドマッサージの講習 など

先着6名までを予定していますが、
10月26日以外でも、
リクエストをいただければ随時開講します。

時間がありましたら、
セラピー以外の具体的な取り組みについても
お話したいと思っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくは、ホームページをご覧下さい!


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
前記事を読ませていただき・・・
子育てを振り返ると後悔と懺悔の日々です。
もちろん初めてで経験がなかったとはいえ、随分自分中心に子どもを振り回していたなと反省します。
思い出しては可哀想な思いをさせたのでは・・・と切なくなる事ばかりでv-239
でも、子ども達は記憶にないらしく(笑)これ幸いと!
だったら今のこの時を何年後かに後悔しないように過ごそうと考えています。
・・・で、うるさがられているわけですが・・・泣
【2007/10/09 10:05】 URL | すぅ #- [ 編集]

無意味だね
おひさしぶりーーーー
そうですね 「障害児」とゆう言葉は
私は嫌いです
人は人 何者でもないんです
ナニが普通なのか解からない
今の時代 こんな言葉自体無意味だと
思いますよ
【2007/10/09 18:18】 URL | GOD #mQop/nM. [ 編集]


とってもとっても参加したいのですが、26日は仕事です(TT)
ここ数日忙しかったので、ブログを覗けなかった間にマリリンさんとっても精力的にお仕事モードですね(^^)サロンの内容がとってもよく分かって嬉しいです。
前記事のベビーマッサージについては、私も同じ思いがあります。
次男が小学生の頃、ベビーマッサージと出会い「もっと早く出会いたかった」と思いました。
でも、なんにもなければ大きくなってからのスキンシップは難しいですが、足裏マッサージやハンドマッサージをすることで自然と触れ合うことができますよね。
そして母親というのは不思議な生き物で、触るだけで子どもの精神状態がなんとなくわかってしまうものだと思います。
そして子どもがリラックスしている様子を見ると、母親も嬉しい気分になるものです。癒してあげているつもりで、自分が癒されているんですよね。

でも、やっぱり、それを赤ちゃんの時からできていれば、と思ってしまって・・・
だから、今から赤ちゃんを育てるお母さんたちにその事を伝えてあげるお仕事ってすばらしいと思います。
ガンバってくださいね。応援しています
私もマリリンさんと別な方法ですが、伝えることができればいいなあ、と最近思っています。
また、色々質問すると思いますがよろしくお願いします。
【2007/10/09 18:47】 URL | まりりん #- [ 編集]

いいっすねえ
【スペシャルニーズ☆チャイルド】 って言葉凄くいいと思います。
スタンダード化しましょう。
【2007/10/09 21:41】 URL | 吉原 #3/2tU3w2 [ 編集]


スペシャルニーズ☆チャイルドって

なんかカッコイイ!!!
【2007/10/10 07:30】 URL | たけ子 #djnh.SQU [ 編集]

すぅさんへ♪
コメントありがとうございます♪
いや〜〜、みんな同じですよ☆
娘たちが小さな頃なんてもっとハチャメチャでしたから。(^^ゞ
ま、仕方ないかと開き直っておりますが、
【今、ここからの子育て】を大切にできるといいですね!
【2007/10/10 20:07】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

GODさんへ♪
コメントありがとうございます♪
【障害児】という言葉、違和感がありますよね。
「社会的に障害を持たされている」と解釈して
使うこともあるけど、いい言葉はないかなぁと
いろいろ考え中なんですよ。
しばらくは【スペシャルニーズ☆チャイルド】
と呼ぶようにしようかなって思っています。(*^_^*)
【2007/10/10 20:12】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

まりりんさんへ♪
コメントありがとうございます♪
【スペシャルニーズ☆チャイルドセミナー】については
これからも開催する予定ですので、
いつでもリクエストくださいね☆

ベビーマッサージについては、
私もまりりんさんと同じ気持ちですが、
その分、若いお母さん達に是非伝えてあげたいですよね。
まりりんさんのような先生のいる保育園の子ども達、
幸せだなぁ〜〜♪
【2007/10/10 20:23】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

吉原さんへ♪
コメントありがとうございます♪
子ども達やハンディキャップを持つ方を
大切にできる言葉を使っていきたいですよね。
私もできるだけこの言葉を広めようかなぁって
思ってるところです。(*^_^*)
【2007/10/10 20:28】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

たけ子さんへ♪
コメントありがとうございます♪
ね、カッコいいでしょ。(笑)
もっとポジティブなイメージで
ハンデのある子ども達を捉えてやれたらいいなって
思ってるんですよ。(*^_^*)
【2007/10/10 20:30】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/142-e6225024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。