チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私」を主語にして生きる!~金八先生の心に残る言葉~
お仕事の話題は、ちょっと一休み♪

今日は、サロンに必要なものを印刷する傍ら
ドラマ「3年B組金八先生」を見ました。

学校に無理難題を振りかけてくるバカ親、
内申をよくするためにストレスがたまる子ども、
学校選択制により営業活動をする教師、
中学受験に失敗した子どもを突き放す親、
ネットカフェに泊まり学校裏サイトを覗く少女等など。

日ごろは進んでテレビを見ない私も
現代教育の問題点を見せ付けられながら
【金八ワールド】に引き込まれてしまいました!


親の見栄や世間体のために
子どもは生きてるんじゃない。

見栄も世間体もかなぐり捨てて
子どものことを必死で考える
親の姿を支えにしながら、
子どもは生きることができるんだ!


うろ覚えなんだけど、
そんな意味の金八先生の言葉が胸に響きました。


まださつきの障害が受け入れられなかった頃に
さつきのことを「恥ずかしい!」
と感じてしまう自分がいたことを思い出しました。

「さつきの障害を軽くしたい!」
といろんな取り組みをしたこともあったけど、
それって、本当にさつきのためだったのかな?

もしかしたら、自分の見栄や
世間体のためじゃなかっただろうか?

自分の理想とする我が子の幻ばかり追いかけて
目の前のさつきに「NO!」を言い続けてなかった?

そんなことを考えてしまって
胸が痛みました…。


教師として学校に勤めていた時代に
親の見栄や世間体が
子どもを追い詰めているということを
客観的には分かってたはずの自分。


でも我が子となると、話は別でした。
思いっきり見栄を張り、
思いっきり世間体を気にしてしまいました。

そんな自分に気づかされたのは、
セラピーを学び始めてからだったと思います。

一人ひとり心地よいと思える香りは違う。
一人ひとり選ぶカラーボトルも違う。

そんな当たり前のことを実感しながら
子どもと親とは別の人間なんだよねって
ようやく気づくことができました。


今日の金八先生の中のもう一つの気になる言葉。

「主語をはっきりさせて書きなさい!」

あぁ!
これなんだよね。

子どもの人生の主役は、
親ではなくて子どもなんだ!

【子どものため】という大義名分で
子どもの人生の主役を横取りすることは
例え親でも許されないんですよね。

自分の人生の主役に
自分の子どもを置くこともあってはならない。


「私は」という主語を大切にすることは
本当の自分を生きること。

「人が」でも「世間が」でも
「みんなが」でもない「私」を主語にしたい!


「子どもが○○だから、幸せになれない。」
「夫が△△だったら、幸せなのに…。」

というような言葉は、自分が自分の主人公であることを
放棄することなのかもしれません。


先日、佐々木かをりさんの講演会に参加した時、
確か同じようなお話を聞きました。

子どもや夫は、自分の人生の中では
脇役に過ぎない。

自分の人生の主演女優は自分。
自分の人生脚本を書くのも自分。


それをお互いに理解し合える家庭だったら
親子や夫婦の関係は
ずっと楽になるような気がしています。


本物の自分を生きる。
自分を主語にして生きる。

自分の人生脚本を自分で書き、
主演女優として生きる。


それを主役力と呼ぶのだそうですが、
セラピストの仕事というのは
【主役力を磨くお手伝いすること!】
というのが私なりの【セラピー観】です。


人生の主役を演じたい方は、
サロンROSEMARYにようこそ☆


な~んて、ちょっとカッコよすぎ?(^^ゞ


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

金八先生 昨日からだったんですね。
残念、すっかり見忘れてました(x_x)
金八先生いいですよね〜
時代にあった問題を取り上げておられるし、色々と
深く考えさされながら毎回見てます。
来週こそは見過ごさないようにみなくっちゃ。
【2007/10/12 07:07】 URL | ハイジ #gg36Nr4I [ 編集]


「主語をはっきりさせて書きなさい」かあ・・・

ブログを書くときにも、「私が」どう感じているか、
どう思うかを大切にしたいと思いました。
【2007/10/12 08:23】 URL | さき #huUCMtYc [ 編集]


私も観ましたv-425
始めは観るつもりもなく、たまたまそのチャンネルに
なってたのですが
気が付いたら金八先生の言葉に惹き込まれていました。
私も一人の親として
金八先生の言葉に
今の自分を振り返って考えさせられました。
「親の見栄や世間体のために子供は生きてるんじゃない」
その言葉に「そうだ!もっともだ!」と、うなずけるのだけど
はたして、じゃぁ自分は親として・・・
・・・偉そうに言えた義理ではありません。
反省ですv-390
ハイジさんもおっしゃってたように、
時代にあった問題を取り上げてドラマが展開されていくので
一人の親として、とても勉強になりますv-410
【2007/10/12 09:18】 URL | ひまわり #- [ 編集]


さすが、深いところまで見ていますね。
私は、見ても 今どきのバカ親は〜とか
今どきの子供は・・・先生は・・・
表面しか見てないようです。
昔の金八が良かったなんてしみじみしていました。
それから、コメント気づかなくってすいません・・・(反省)
【2007/10/12 10:38】 URL | LUFT #2WdbYHDY [ 編集]

黄金伝説を見てました。ペコリ
リアルに考え込んでしまう気がしてわざと見るのを避けました。
つい、口うるさくなってしまうのは自分の見栄や 世間体のためと気付いていました。でも言ってしまう。
自分の理想を押し付けてしまうし。
でも私もココ最近やっとわかってきたんですよ、あの子の人生なんだ~って。
ピンチになって失敗して後悔してみるがいいさって。
夫が△△だったら・・・も思ってしまうな〜
結婚する時には『私が幸せにしてやる!』って思ったのに(笑)

【2007/10/12 13:16】 URL | すぅ #- [ 編集]


昨日からだったんですよね、金八先生。
あ〜観たかった…
21時からの時間って子供を寝かしつけるから
(ついでに私も寝てしまってます^_^;)
21時からのテレビってここ3年は観ていません(T_T)

今の私だったら、親の目線で金八先生が楽しめると思うんです。
昔は私が中学生の時にちょうどパート2が放送されてたから
あの頃は学生目線でしたしね。

これを観ると、今の学校や子供達の様子がわかる気がして…
【2007/10/12 14:19】 URL | マーミン #PefwKnF. [ 編集]

肝に銘じます
「私は」を主語に生きる。了解です。
【2007/10/12 14:19】 URL | 吉原 #3/2tU3w2 [ 編集]


ひとりひとりの人生には、それぞれのドラマがあって
その主人公は「私」、その通りですね!
自分の人生の主役を、ご主人やお子様にしてしまっている人は
やっぱり、どこか心に余裕の無い人生を送っているんでしょうね。
ご主人やお子様、両親、自分を取り囲む人々、脇役ではあるけれど
それ無くしては成り立たないのも、これまた人生。
絶妙のバランスと距離感、なかなか難しいものです(*_ _)
まだまだ未熟者の私には、心に響く文章でありました。
【2007/10/12 15:17】 URL | はいじ #- [ 編集]


自宅では完全に脇役の私です・・・

自分の人生をエンジョイできなくて、
どうして子ども達に人生の楽しさを伝えることができようか。
私のモットーです。
今日の記事、とてもカッコイイですよ!
と同時に、とても参考になりました。
ありがとうございます。
【2007/10/12 19:04】 URL | ゆう #- [ 編集]


『子どものため』=『自分のため』はよく陥りがちなパターンですよね。
子どもって、大人が思うほど弱くないし、逆に救ってもらってたり、守られている事だってあります。
特に母親は…。
田口ランディさんも、「子どもはちいさなナイト」とおっしゃっていました。

家族もそれぞれが自分が主役でいられるようにすること。
それはとっても難しいことですけど、それそれを尊重しながら援助し合えるのは理想ですね。
まだまだ修行はずっと続きそうですが…(;^_^A アセアセ・・・
【2007/10/12 19:59】 URL | しいな☆彡 #- [ 編集]


金八先生が始まるのも知りませんでした。・・(−−:)
最近、連続ドラマを見ることがなくって・・
家にいる時は、家事かパソコンで。あっ、あとマル(犬)。
昔は、欠かさず見ていた「金八先生」
来週は見てみようと思いますv-290

【2007/10/12 23:45】 URL | ナンバー1 #YCGV19Ew [ 編集]

ハイジさんへ♪
コメントありがとうございます♪
そうなんですよね〜。
時代に合った内容が取り上げられてるので、
親としていろいろ考えさせられます。

私も偶然テレビがついていたので
見ることができた、という状態でしたが、
来週も覚えてるかな?(^^ゞ
【2007/10/13 07:11】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

さきさんへ♪
コメントありがとうございます♪
さきさんも佐々木かをりさんの講演会に
行かれたんでしたよね。

「私がどう感じているか?」って
常に意識しながら、
書いたり話したりしたいなぁと思ってます。
【2007/10/13 07:14】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ひまわりさんへ♪
コメントありがとうございます♪
本当にそうなんですよ。
「一人の親として自分はどう?」
って思うと反省することしきり!v-393
親も学ばなくっちゃなぁと痛感させられました!
【2007/10/13 07:17】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

LUFTさんへ♪
コメントありがとうございます♪
私も一緒ですよ。
「今の親は…」「今の先生は…」「今の子どもは…」って
あれこれ考えながら見てしまいました。(^^ゞ

昔の金八先生の姿が出てくると、
「あぁ〜〜!武田鉄矢がロンゲで若い〜〜!!」
って妙に興奮してしまいました。(笑)

まさか自分が親になってから見てるなんて
昔は考えもしませんでしたけどね。(#^.^#)
【2007/10/13 07:20】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

すぅさんへ♪
コメントありがとうございます♪
自分の子ども達が同じ年代なので、
かえって避けてしまいたくなることもありますね。
私もこれを見たのは「偶然」だったんですよ。(^^ゞ
「夫が△△だったら…」「子どもが○○だったら…」
偉そうなことを言ってる私も、よく陥っている思考パターンです。
ま、痛い目に合って分かることもあるさ。
結局は子どもの人生さと開き直る今日この頃です。(^^ゞ
【2007/10/13 07:24】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

マーミンさんへ♪
コメントありがとうございます♪
確かに以前は学生目線、今は親目線で
金八先生を見ていますね。

マーミンさんのお子さんが大きくなったときって
金八先生はもうおじいさん?
もうドラマやってないかしら?

あはっ♪
ちょっと妄想してしまいました。m(__)m
【2007/10/13 07:27】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

吉原さんへ♪
コメントありがとうございます。
ご了解もありがとうございます。(笑)

自分を主語にするということは、
自分の生き方に責任を取るということなのでしょうね。
私も肝に銘じておこうと思います。m(__)m
【2007/10/13 07:29】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

はいじさんへ♪
コメントありがとうございます♪
若い頃は、「自分が主人公」というと
なんだかワガママを言ってるような気がしていました。

この年になってようやく
自分の幸せを他人に委ねるのではなくて、
自分で責任を取ることなんだと気づきましたが、
いやいやまだまだ私も未熟者です。(^^ゞ

自分ひとりではどうにもならない状況のなかでさえ
自分の生き方は自分で選択できる。
少なくとも、その出来事をどう捉えるかを
選択できるのは自分ひとりなのだと
ようやく気づき始めている四十路でございますよ。(^^ゞ
【2007/10/13 07:33】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ゆうさんへ♪
こめんとありがとうございます♪
>自宅では完全に脇役の私です・・・
に思わず笑ってしまってゴメンなさい。
やはりカカア天下なのでしょうか。

>自分の人生をエンジョイできなくて、
>どうして子ども達に人生の楽しさを伝えることができようか。
>私のモットーです。

いや〜〜!
ゆうさんのこの言葉、激しく同意です。
ゆうさんもカッコいいですよ〜〜〜!(^O^)

(オフ会でカッコいいゆうさんに
 お会いできず、ますます残念???)
【2007/10/13 07:37】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

しいな☆彡さんへ♪
コメントありがとうございます♪
「子どものため」が実は「親のため」という風潮は
幼稚園・保育園の先生でもあったしいなさんも
痛感されていることかもしれませんね。

私自身、子ども達に守られていることを
年齢を重ねるごとに感じています。

一人ひとりが主役でいられる家庭を理想に掲げながら
私も日々精進したいと思います!(*^_^*)

【2007/10/13 07:43】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ナンバー1さんへ♪
コメントありがとうございます♪
私も連続ドラマなんて
最近全然見ることがなかったんですよ。
同じくパソコンを含めた仕事か家事に追われ…。
(あら?家事はあんまりしてないかも?(^^ゞ)
たまたまついていたチャンネルでやっていたという感じ。
今季の「金八先生」も
親としていろいろ考えさせられるドラマでした。
と言いつつ「何曜日だったっけ?」
って来週は忘れちゃいそうですけど♪(#^.^#)
【2007/10/13 07:47】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/145-95a7dde7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。