チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイの反乱!?~障害児のきょうだいの子育て~
さつき、一昨日、中間試験が終わりました。

大好きな音楽の授業が試験のためにカットされて
やや情緒不安定気味。(-_-;)

「時間割が違うっ!」
と学校から持ち帰った学級通信の
明日の予定を厳しくチェックして
ご立腹の様子!?

「ママ~~、5時間目までしか書いてない!
 6時間目、音楽って書いて!」

と時間割を捏造(!?)すると
ようやく落ち着きました。


そんな状態なので、
ほとんど勉強することなく臨んだ中間試験。

どうなることかと思っていましたが、
返って来た英語の答案は


80点でございました~~!\(^o^)/


一般の生徒に比べると、
うんと簡単な問題ではあるんです。

「テストの点なんて、人生の中で些細なことよ♪」
というのが私のスタンスではあるのですが、
なんだかんだ言っても、やっぱり嬉しくて♪


すごいね!
よくがんばったね、さつき~~!


どちらかというと、普段はクールな(?)夫も

「さつき!すごいじゃないか~!!」
と大喜びです。

さつき本人は、淡々としながらも
ほめられて満更でもない様子。


ただ一人、そんな光景を
冷ややかに見つめている女がいた…。


メイだっ!

「ママ、パパはメイが80点とっても 
 ふ~んとしか言わないよ…。」

と寂しそうにつぶやくのを見て、ハッとしました。

いえ、夫ばかり責めるわけにはいきません。
私自身、知らず知らずのうちに
さつきとメイへの接し方に違いが出てきてる?

先天的に遅れのあるさつきに対しては、
どんな小さな進歩も嬉しくて
舞い上がりそうなくらい喜んでるのに、

メイの場合は、ささやかな成長に対しては
淡々とした反応になってしまってるところも
あるのかもしれないなぁ…。


ともに喜び、ともに感動することは、
ハンディキャップを持ってる、
持ってないに関わらず、
子どもにとっては心の栄養なのにね。

反省だなぁ…。


障害児のきょうだいの子育ても
親にとっては、学びだなぁと思います。

「お姉ちゃんばかり大切にされてる。」

「メイは妹なのに、お姉ちゃんの面倒を見てる。
 普通のきょうだいは逆なのに…。」

「お姉ちゃんが○○ちゃんの髪を引っ張って
 ○○ちゃんと遊んでもらえなくなったことが
 1年生の時にあったんだよ。」

「障害のないお姉ちゃんならよかった。
 ほかの家に生まれたかったよ…。」

メイが思春期に突入してから
そんな言葉がふとした拍子に出てきます。

メイの言葉の一つ一つが
親としては本当につらいのですが
メイの複雑な思いを頭ごなしに否定することは
やめようと思います。

どんなにマイナスに見える思いや言葉も、
まず、いったんは受け止めてやろうと。

大人になるにつれて、子ども時代にはなかった
様々な葛藤がメイには訪れるはず。

その葛藤を乗り越えたとき、

「この家に生まれてよかった!」

「お姉ちゃんがお姉ちゃんでよかった!」

と思えるようになってくれたら、
幸せだなと思ってます。

そして、そのためには、
親である私が
メイの納得できるような
接し方をしてやらないと…。


さて!

「お姉ちゃんなんか嫌いっ!」
としょっちゅう言ってるくせに、
ふと気づくと、
さつきに宿題を教えてやってるメイ。


今日のプリントは、
時計の読み方と国語の文章問題。

元教師の私以上に根気強く
分かりやすく教えているメイに脱帽です!

時には、宿題をやらそうとすると、
反抗的になってしまうことのあるさつきも、
メイの言うことだったら、
親以上に素直に従うことも多いんですよ。

さつきがまだ小学校の時には、
休憩時間にドッジボールに誘ってやっていたメイ。

「障害を持ってるきょうだいに対して、
 あんなに心を開いてる子は珍しいですよ。」

と障害児学級の先生が感心されていたくらい、
メイはさつきのことを気にかけていました。

私は、45年間のうちの14年間しか
さつきと過ごせてないけど、
メイは生まれてから100%の時間を
さつきと過ごしてきたんだなぁ…。

なんだかんだ言ってても、
さつきの一番の理解者は
メイなのかもしれませんね。


P.S.

「ぴっぴょこまんぼうのこと、
 ブログで紹介したよ。」

と話をすると、メイが

「この頃、メイのネタが少ないじゃん!」

と言ったので、今日はメイが主人公です♪

私にとっては、二人ともが主演女優ですよ。

もちろん、私マリリンもね。(^_-)-☆


広島ブログに参加中です。
いつもクリックありがとうございます♪m(__)m




【サロンからのお知らせ】

1.12月8日(土)から 
  アロマアドバイザー資格認定対応講座を開講します。
  アロマ検定に対応しています。
  全7回(1回あたり2時間)
  都合の悪い方は、振り替えもできます。

2.12月5日(水) 12月19日(水)
  ベビーマッサージ教室 
  (マッサージの手順と赤ちゃんのアロマケアについて)

3.12月15日(土)
  「大掃除に役立つアロマテラピー講座」

4.12月26日(水)
  チャイルドアートセラピー講座

詳しくはホームページをご覧下さい。

アロマテラピー&カラーセラピーサロン
ROSEMARYのホームページ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
辛い言葉は
その言葉を発している本人が、一番辛いのですよね。
本気じゃない言葉でも、反抗的なだけの言葉でも。
痛いのは自分自身の心ですからね。
ちゃんとわかっているから、お姉さんに優しい良い子ですね。

私には子供がいないからわからないけど、
そばに他人の子が二人いて、一緒に遊ぶときにはとても気になります。
言葉一つ、行動一つを。
同じ気持ちで接するって、とても難しいですね。
【2007/11/29 00:53】 URL | やんじ #- [ 編集]


ウチも兄ちゃんネタばかりだと
言われてしまします(涙)
でも、何だかんだと言っても
そこは兄妹!喧嘩する割りに気になる存在らしいです(笑)
【2007/11/29 06:50】 URL | あんこや #- [ 編集]

はじめまして…
初めまして…です。
色々思うところがあってカラーセラピーのお勉強を…
ということで数日前からブログお邪魔しておりました。

息子達の成長に合わせて学校の役員をやりながら
障害者学級のお母様方ともふれあうことが多くて…
いろんな子育てのことを話し合ってきました。
友達も迷いながら…次子を出産し子育てをしています。
マリリンさんがおっしゃる通り一番の理解者は兄弟姉妹と…

サロンの方に近々お訪ねすると思います。
その時はカラーセラピーの件お聞かせ下さい。
宜しくお願い致します。
【2007/11/29 09:26】 URL | reiko ママ #DNbJuPFQ [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/29 11:13】 | # [ 編集]


きょうだいがいると、やはり知らず知らずのうちに
接し方が違ってるのかなって
私もこのところ感じます(-_-;)
障害あるなしに関係なく、きょうだいのいる家庭では
接し方の難しさを感じてる家庭も多いんじゃないでしょうか?

息子は特に甘えん坊なので
娘を少しかまっただけで
私の気を引くようなことをしてきます。

娘はまだ物事が少しわかりかけてるだけだから
ほっておいても大丈夫ですが…
これもそのうちそうもいかなくなるんでしょうね〜…


私には年子の妹がいるんですが、親の扱い方?には
微妙に差があったな〜って思ってました。
私はホント不器用で何でもすぐ出来ない子、
妹は器用で何でもすぐ出きる子でした^_^;

同性の姉妹だったから
ちょっとしたことで比べられたりしたら
ほんと凹んだなぁ…思い出しました。

兄妹だともう少し大きくなったら
違うのかなぁ?
今はまだ小さいですしね。

人を扱うのってホント難しいですよね〜
【2007/11/29 15:03】 URL | マーミン #PefwKnF. [ 編集]


長男は思ったことを口に出さない・・・−−;
同じように接しているつもりでも、知らず知らずのうちに我慢をさせているのかな?4歳離れていると、ついつい、長男を頼ってしまい、次男に、「お兄ちゃんに
やってもらって〜」と言ってしまってます。^^;次男はうれしいのですが、長男は・・・「なんでオレが・・・」と複雑な様子。何事も心に閉じ込めて、それが
限界に達すると、「涙」を流すことで訴えたり、「体」に出たり・・・。
同じようにしていても子供たちはそう思ってないのかなと思う事もしばしば・・・。永遠のテーマかもしれませんね。
【2007/11/29 17:12】 URL | かあさん #- [ 編集]

やんじさんへ♪
確かに、一番つらいのは
その言葉を発してるメイ自身なのでしょうね。
言葉の上っ面だけでなく、
心の中を理解してやらなくてはと思います。
子どもへの接し方は本当に難しいけれど、
親も一緒に成長していかなくてはと本当に思います。
【2007/11/29 21:55】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

あんこやさんへ♪
あんこやさんのお兄ちゃんのおもしろさ、
ネタにしたくなるのも分かります。
きょうだいって、口ではなんだかんだ言ってても、
いざという時には、気になってしまうんでしょうね。
私自身は、きょうだいがいないので、
そういう意味ではうらやましくもあります♪
【2007/11/29 21:58】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

reikoママさんへ♪
初めまして!
ご訪問&コメントありがとうございます。
多分、きょうだいというのは、
ある意味、親以上にお互いのことを
理解しているのかもしれませんね。
カラーセラピーに興味がおありなんですね!
サロンでお目にかかるのを楽しみにしていますね。(*^_^*)
【2007/11/29 22:00】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

○○さんへ♪
失礼かと思いながらも、○○さんへということで、
お返事させていただきますね。
体験に基づいたシェアに心から感謝しています。
言いたい放題、やりたい放題、ワガママ放題に
普段は振舞ってるように見えるメイも
心の中では、随分我慢をしたり
気を遣ったりしてるんだろうなぁ…。
そんな思いをしっかりと受け止めて
しっかり愛してやれる親に
なりたいなぁと思います。
本当にありがとうございました!


【2007/11/29 22:05】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

マーミンさんへ♪
きょうだい関係というのは、
障害の有無に関わらず、
どんな場合でも難しいですよね。
完全な平等なんて、ありえないのではないかと
思ってしまうこともあります。
親としては、どちらも愛しているのにね。
育児は育自!顔晴らなくちゃ…ですね。(*^_^*)
【2007/11/29 22:09】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

かあさんへ♪
男の子同士というのも、
そういうことがあるんですね〜。
つい、上の子に対しては、
頼ってしまうことが多くなるかもしれませんね。
(うちの場合は、それが逆なのですが…。(^^ゞ)
本当に永遠の課題だなぁと思います。
どんな状況であれ、親の愛が伝わるように
子育てしなくちゃなぁって思ってます♪
【2007/11/29 22:11】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

難しいですよね
同性だと余計にライバル心があるみたいですね(^^;;
でもめちゃめちゃ仲が良かったり、それなりの立場で心配したり、尊敬したり…。
平等に接しているつもりでも、どうしたってその歳に応じた対応もあるし、上の子の特権もあれば下の子の特権もあるし、きっとわかってくれながらもそれぞれの我慢だったり、譲歩だったりで感情的に腑に落ちない場面もあるのでしょうね(^-^;

何年経っても親としての修行はまだまだ続きそうです(苦笑)
【2007/11/30 04:57】 URL | しいな☆彡 #- [ 編集]

しいなさんへ♪
確かに同性のきょうだいというのは、
意識しやすいのかもしれませんね。
多分、親の接し方に対して、
いろんな思いを抱えながら、
上の子も、下の子も、成長していくのだろうなぁ〜。
親の愛がしっかり伝わるように、
子育てしたいものだなぁと思います。
楽しく修行したいですネ♪(*^_^*)
【2007/11/30 17:53】 URL | セラピスト☆マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/186-59f74a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。