チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレース・ケリーの光と影
もう終了してしまったのですが
先日、福屋八丁堀店でやっていた
(広島以外の方、
 ローカルでスミマセン!
 福屋はデパートでございます。)
『グレース・ケリー展』に
行ってきました。

グレース・ケリーと言えば、
古きよき時代のハリウッドで
大活躍した美人女優。

非の打ち所がないほど整った顔立ちと
気品ある雰囲気は
まさにクールビューティー!

「裏窓」「ダイヤルMを廻せ」
「上流社会」くらいしか
私は見たことないのですが、
しばらくうっとりと
見とれてしまうほどの美しさです。


映画にはあまり興味ない方も
「ケリーバッグ」なら
知ってるわ…という方も
多いのではないのでしょうか?


妊娠中のグレース・ケリーが
お腹をカバーするために
持ったバッグのことを
いつしか【ケリーバッグ】と
呼ぶようになった
というエピソードも今や伝説。

妊娠したら、自分へのご褒美に
【ケリーバッグ】を買いたい!

などと大それたことを
考えたこともありましたけど、
桁数のあまりの多さに断念し、
今もその夢は叶わぬままです…。(*_*)


これからは、
お腹の贅肉を隠すために
ケリーバッグを持つことが
これからの目標になるかも!?(^^ゞ



さて、私のことは置いといて(笑)
グレースケリーに話を戻しましょうね。

カンヌ映画祭で
モナコ王国のレニエ公に見初められ
公妃となったグレースケリーは
52歳の時、交通事故で亡くなるまでを
プリンセスとして過ごします。


なんだかダイアナ妃を
思い起こさせるような最期ですね…。


裕福な家に生まれ、
美人女優として成功し、
モナコ公妃となり(究極の玉の輿!)
かわいい子ども達にも恵まれて…。

52歳の若さで亡くなったことを除いては
一見、申し分のない人生のようです。

一方で彼女は、幼い頃から
常にきょうだいと比較され、
父親からさげすまれていたため
コンプレックスの塊だったのだとか。

そして、終生、父親から認められたい、
父親から愛されたいと思い続けていたと
耳にしたことがあります。


女優時代には
共演者と次々と恋におちるほど
恋多き女性でもあったグレース。

父親からは得られなかった愛を
付き合っていた男性に
求めていたのでは…?

そんな気がしてならないんです。

モナコ公妃となることさえも
「最高の結婚をし、
父に受け入れられたい!」
というグレースの願いが
結婚決断の理由の一つ
だったような気さえしてきます。

億万長者の令嬢とは言え、
プリンセスとしての生活には
戸惑いもあったことでしょう。

レニエ公との結婚も、いつも
順風満帆ではなかったのかもしれない。

愛する子ども達は、
素行の上で彼女を悩ませることも
多かったと聞きます。

子育ての悩みだって
大きかったのではないかしら?

何よりも、父親との関係を
亡くなるまでに改善できたのかどうか?

父の愛を感じることが
できないままの人生だったとしたら……。


【絵に描いたような幸せ】
だけではないのではないかしら?


グレースケリーの人生を思うとき
いつもそんなことを考えてしまいます。



会場には、
グレースの制作した押し花が
数多く展示されていましたが、
押し花自体は、
それほど興味なかったんです。

でも、眺めているうちに
だんだんと胸が締め付けられるほど
切なくなってきて……。

美しいのです。
本当に美しいのです。


有名な女優だったとか
プリンセスだったとか
そんな経歴抜きで
作品として素晴らしいのです。

多分、技術的なものだけではなくて
グレースの人生そのものの表現が
この押し花たちだったんだろうなぁ…。

そんなことを思うと、
また、泣けてきました。
(泣き虫マリリンは健在です!?)

いろいろな受け取り方が
あるのでしょうが
押し花から私に伝わってきたのは
グレースの人生の光と影でした。


花に託した思いは、愛と優しさ。
それでいて、激しさもあり、
凛としていて、とても潔いのです。

光もあり、影もあるけれど、
自分の人生を真摯に生きようとした
一人の女性としてのグレースが
私はとても美しいと感じています。

自分のすべてを
花に託して表現した結果が
グレースのプレスドフラワー
だったのでしょうね。

やはり交通事故死を遂げたダイアナ妃が
今も世界中の人々から愛されているのは
彼女もまた光と影を持ち合わせながら
輝いていたから。

そして、グレースの魅力も、
光と影の両方があるからこそ
花開いたのですね…。


若い頃に夢見ていたように
光だけの人生を
歩もうとは思わなくなりました。

自分の影の部分も
ちゃんと受け入れた上で
自己完結した女になることが
これからの目標です!

さぁ、40代は女ざかり!

光も影もちゃんと受け入れて
いい女になるぞ~~~!(^O^)/


スポンサーサイト
この記事に対するコメント

父親との関係については、初めて知りました。

そして、押し花は私も興味がなかったのですが、
見ていくうちにすごくひきこまれて・・
マリリンさんみたいにうまく文章で表現できないけど
グレースのなかの愛と優しさがあふれていましたよね。
感じるものがありました。

私も自分に与えられた人生をしっかりと歩みたいと思います。
【2007/05/19 08:49】 URL | さき #huUCMtYc [ 編集]

すごい感性!
グレースケリーの 名前は知っていましたが、そんな歴史があったなんて。
私がもし見に行っていたとして、それほどの感銘を受けたでしょうか?
やはりマリリンさんだからこそですね。
いろいろなことに気づき、すべてを受け止めることのできる感性は 勉強してもなかなか得られるものではありません。
マリリンさんのそういう感性の鋭さとか、私は好きです。
【2007/05/19 10:16】 URL | チェリー #RXtWfVJQ [ 編集]

さきさんへ♪
押し花、本当に素晴らしかったですよね!

グレースケリー展自体は、
グレースの光の部分に
焦点を当てていましたから
父親との関係については、
ずっと以前に何かの本で読んだ記憶を
頼りにしています。

愛と優しさを忘れず、
自分の人生を
しっかりと生きていきたいですね♪(*^_^*)
【2007/05/19 21:06】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

チェリーさんへ♪
【感性】を褒めていただけるなんて
とっても嬉しいです。
ありがとうございます♪(#^.^#)
実は「鈍感力」の優れた(?)女なのですが、
妄想族なので、気がつくと妄想しています。(^^ゞ

こちらこそ、チェリーさんの感性に
学ぶことがたくさんですよ。

これからもよろしくお願いします♪
【2007/05/19 21:19】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


私は今週行く予定にしています。
とっても楽しみです♪
【2007/05/21 13:18】 URL | あっちゃん #- [ 編集]

あっちゃんへ♪
来週行かれるのですネ!
楽しみですね〜♪(*^_^*)

東京では、私も
「ダヴィンチ」「モネ」
「モディリアーニ」を堪能しました!

多分、あっちゃんも
見てるんじゃないかなって
思いながら鑑賞しましたが、
ズバリでしたね。(笑)

広島ももっともっと
文化的な催しが増えると嬉しいです☆
【2007/05/21 21:02】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/30-e54a6184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。