チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てに手遅れはない!!~児童相談所の皆様へ~
少し前に、遠方の友人と
10年ぶりに話す機会がありました。


「実は、相談があって…。」
と話し始めたのは、娘さんのこと。

私が長年教員をしていたことや
私自身の娘が障害を持っていることで
私の名前を思い出してくれたようです。



「発達の遅れが気になって、
児童相談所に行ったんだけど、
3ヵ月後に
詳しい検査をすることになったの。

次の面接まで3ヶ月もあるのだけど、
何をして待っていればいいかしら?」

そんなお話を聞きながら
怒りにも似た複雑な思いが
ふつふつと湧き上がってきました。

「子どもについて
 気になることがあるんです。」

の答えは

「検査しましょう。」

だけですか?!



検査までの3ヶ月間、
母親がどうすればいいのかについて
アドバイスもないの?

揺れ動く母親の心のフォローはなし?

児童相談所の役割って、一体何!!


そんな怒りにも似た思いを抱きながら
自分なりのアドバイスをし、

さらに怒りが爆発しそうになったのは
次の言葉でした。



「児童相談所でね、
 どうしてもっと
 早く連れてこなかったのかと
 言われたの…。」

児童相談所の皆さんが
すべて同じとは思いませんが、

あえてタイトルのように

「児童相談所の皆さんへ」

語らせていただきます。


児童相談所を訪れるまでの
お母さんの葛藤や

その葛藤を乗り越えて
児童相談所に足を運んだ
お母さんの勇気を

まずは受け止めてもらえませんか?

「なぜもっと早く来なかったのか?」

というのは、
母親を絶望のどん底に
突き落とす言葉です。

ただでさえ、子どもに
発達の遅れのあるお母さんは
自分を責め、不安を抱えているのです。

確かに、早ければ早いほど
発達の遅れを取り戻すことができるのは
研究と事例に基づいた事実かもしれない。

でも、目の前にいるお母さんの真実を
まず受け止めてほしいんです。

事実ではなくて、真実を…。

まず

「勇気を出して
 よく来てくれましたね!」

と笑顔で迎えてあげて!

ここに来るまでに
涙が枯れるほど泣いて、
何日も眠れない日々が
あったのかもしれない…。

そういう想像力を大切にして!

 
「もっとがんばってください!」

ではなくて

「がんばってこられましたね。
 これからは、
 一緒にがんばりましょうね!」

とこれまでのがんばりを
いたわってもらえたら
「がんばろう!」って素直に思えるのに…。

最後に、子どもに関わる
すべての人に伝えたい言葉。

大丈夫!
子育てに手遅れはありません!



何歳からだって、人間は成長するんです。

障害を抱えていても
どんなハンディキャップがあっても

人間は幸せになれるんです。


私が学校を辞めて
サロンを開こうと決意したのは
それが伝えたかったのかもしれません。

子育てに悩む母親の気持ちを
フォローする場所が
あまりにも少ないと感じたから
かもしれません。


子育てのすべての悩みを
解決できる力が
私にあるなんて
決して思わないけれど、

「ここだったら、
 自分の気持ちをさらけ出せる!」

と思えるようなスペースが
あったら、少しでも
子育てが楽になるかもしれない…。

子育てに疲れたお母さんが
心を癒し、明日へ向かって
希望を持って帰れるサロンを
作るのが夢です。

最後にもう一度!


「子育てに手遅れはない!」




あぁ、今日はちょっと
自分の体験も思い出して、
熱く語ってしまいました。

今日、書いたのは
多分、私が一番子育てで
しんどかった時に
語りかけてほしかった言葉。


文面から
怒りが伝わってしまってたら
ゴメンなさい!

サロンでは、怒らすに
笑顔でお迎えしますので
安心してお越しくださいね。(笑)


<追伸>

今日の文章は、
児童相談所批判のために
書いたものではありません。

子ども達のために
日夜努力されている児童相談所の方は
たくさんいらっしゃると思うし、
心から頭が下がります。

子どもの問題に対し、
真摯に取り組まれている職員の方が
十分な仕事ができるような
人員配置や環境づくりを
行政に対して強く望んでいます。

乱筆乱文失礼しました!m(__)m



チャクラバランストリートメント
早速のお問い合わせありがとうございます!m(__)m
モニター引き続いて募集しています!
    







スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

この記事に対するコメント
時として・・・・・
時として・・・・良かれと思って言った事が
その人の置かれている状況によって
心を おとしめてしまうことって うん・・・ある。
言葉だけ出なく 顔の表情とか 目とか・・・・・
次にその人を見ただけで もう 悲しくなる事 ありました。
心が元気な時は いいのだけど 崩れそうなときは もう
ひとたまりも ありません。
自分も気をつけているつもりでも 自分が精一杯の時には
ポロリと 言ってしまう事もある。
きのう 学校の先生から電話があって 息子のことで話してくださった。
すごく言葉を選んで 上手に話してくださった。
果たして 自分が担任していたとき こんな風に上手に 話せたかなぁ。
【2007/05/22 08:00】 URL | 茶種 #mQop/nM. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/05/22 08:07】 | # [ 編集]


発育には個人差があるからと信じたいと思いながらも、勇気を出して出向かれた事でしょう。それなのに『なぜもっと早く?検査をしましょう』ですか…検査をするための手続の場所でしかないのでしょうか。しかも不安でいっぱいの気持ちを抱えながら三ヶ月も過ごすなんて辛すぎます。マリリンさんと話された事で勇気を貰って帰られたでしょうね。お友達さん、頑張ってくださいv-22(どう励ましたらいいのか本当はわかりません)
【2007/05/22 09:16】 URL | すぅ #- [ 編集]


「発達障害」の可能性を疑いながら、なかなか認められない、認めたくない。
私もその道を今通っています。療育センターで検査してもらって結果がでた今もなお、心の葛藤は続いています。
私も保育士という職業柄色んなケースを見てきました。結局専門の機関に行って検査を勧められるのだと思い、児童相談所には行っていません。
民間の相談所もあり、そこに行くとうちの息子くらいの障害では「これはこの子の個性で、障害ではありません。」と言ってくれるということも知っていましたが、それでは何にも解決しない気がして、初めから療育センターに行きました。

でも、本当に私の一番ほしかった言葉はマリリンさんの言うとおり

「「がんばってこられましたね。
 これからは、
 一緒にがんばりましょうね!」

ですね。
だれからもこんな言葉はかけてもらっていません。
もし、そんなことを言われていたら泣き崩れていたでしょう。それほど気を張り詰めていった場所ですから。
今は「息子の障害」を受け止められないお父さんのケアをすることで精一杯の私ですが、マリリンさんのその一言で私の気持ちも少し落ち着きました。
障害があっても無くても、この子はこの子。何の変わりもありません。
かわいいわが子です(^^)
今日はじめて、この言葉を
【2007/05/22 10:05】 URL | まりりん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/05/22 15:37】 | # [ 編集]

茶種さんへ♪
偉そうなことばかり書いてしまいましたが、
私自身、言葉を選んで
上手に伝えるということについては
反省ばかりの教師生活でした。

茶種さんのお子さんの
担任の先生、素敵ですネ。

愛の呼吸のように
優しい言葉で
心を伝えられたらなぁと思いつつ
今日も子どもを
「こら〜〜〜!」って怒鳴る私です!?(^^ゞ
【2007/05/22 17:50】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

すぅさんへ♪
誰かに話をすることで
少しでも気が楽になってもらえたら
嬉しいなぁと思います。

気持ちに寄り添うというのは
本当に難しいのですが、
何らかのサポートができるように
なれないかしらと思いながら
私もまだまだ発展途上人です。(#^.^#)
【2007/05/22 17:56】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

子供は贈り物
思いやりの言葉を忘れてるのは、児童相談所だけではないようなきがします。
身内の言葉や病院でもつらく絶望の淵にいらっしゃる方もいると思います・・・
人と違うことってなんだろうね。その時受けたココロの傷や苦悩はどこにも
行き場がなく10年以上もさまようことにもなりかねない・・・そうすると、親は
自分を責めてしまう。たぶん子供はもっと敏感に親の気持ちを感じてる・・・
でもね!どんなつらいことでも、『この両親なら自分を育ててくれる大事な人』
って子供が叫んでる・・・ホントヨ。(なぜそう断言できるのか?はPCでは表現できない)だからマリリンの友人さんも、マリリンに話したことで少し楽になれればいいね。そして、そんな親たちのフォローをする場所がローズマリーサロンだと思いますよ。知ってのとおりウチは、先天性奇形でうまれてきました・・
10年間自分を責めてきたので、マリリンに奇跡的に出会えたことは、宇宙からの
ご褒美だと思ってるよ!たくさん涙ながしたご褒美だよ・・・
苦しんでる親たちに応援と・・マリリンに感謝!そして愛は続く・・・
【2007/05/22 18:11】 URL | ピンクロータス #- [ 編集]

まりりんさんへ♪
>障害があっても無くても、この子はこの子。
>何の変わりもありません。
>かわいいわが子です(^^)

本当にそのとおりだと思います。

私もまた大きな葛藤があったけど、
葛藤の末に辿り着いた答えも
やっぱりそれでした…。

まりりんさん、よくがんばってるって
本当に思います。

お子さんのことだけではなくて
ご主人の心のケアも大変ですよね。

もし、まりりん自身のケアに
私にお手伝いできることがあったら
いつでも教えて下さいね。

私も、まだまだ、未熟者ですし、
子育てについても悩みは尽きませんが、

一緒に顔晴りましょう♪(*^_^*)

(頑張るのではなく、顔晴ると書くと
 なんとなく笑顔になれる私なのです…)






【2007/05/22 18:11】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ピンクロータスさんへ♪
たまたま友達と話をしたときに
出てきたのが児童相談所だったので
それを取り上げましたが、
本当に児童相談所だけではないですよね。

私自身、本当にいろんなところで
いろんな言葉に出会って、
(美しい言葉も、悲しい言葉も…)

愛のある言葉、優しい言葉で
語りかけることを
忘れかけていた自分を
反省しました…。

障害を持って生まれてきた子が
それを教えてくれたんだと思ってます。

ピンクロータスさんも
たくさんの涙を流されてきたことでしょうね。
でも、その涙を乗り越えた分だけ
優しさを育んできたのではないかなぁ?

ピンクロータスさんとお話するたびに
そんなことを感じます。

誰も自分を責めなくてもいいんですよね。

どんな状態であっても
子ども達はステキだし、
お母さんも素晴らしい!

そんな気づきのお手伝いができる
ローズマリーサロンを目指します!(*^_^*)
【2007/05/22 18:19】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


児童相談所ではありませんが、1歳半検診や3歳児検診で保健士さんに言われる言葉で 傷ついたお母さんを何人も見てきました。
言葉や発達の送れ、他の子との比較、そしてかえって不安をあおるような言葉を投げかけられ、ただでさえ孤独に子育てしている人が多いのに もう少し配慮がほしいなと 思うことがよくありました。、

よかれと思って発した言葉でも、相手の状況によっては傷つけてしまうこともあるんですよね。

「子育てに手遅れはない」
私も子育てで壁にぶち当たることばかりですが、そう思ってやっていこうと思います。
【2007/05/23 00:36】 URL | チェリー #RXtWfVJQ [ 編集]

チェリーさんへ♪
そうですね…。私も健診については
苦い想い出があります。

長女の目が合いにくいことを
4ヶ月健診で保健師さんに相談したとき、
「気になるんなら
 児童相談所に行ってください。」
と機械的に言われたことも
「え?」
という感じでした。

健診って、問題があるかもしれない子を
児童相談所に振り分けるためのもの?

そうではなくて、

励ましやいたわりを
期待していたのになぁ…。(-_-;)

と結構悶々としながら家路につきました。

子どもやお母さんに関わる方は
チェリーさんのように
お母さんの思いを受け止めてくれると
救われるだろうになぁ…と感じています。

【2007/05/23 06:33】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/35-05817feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。