チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けないで!~坂井泉水さんの旅立ちに寄せて~
ZARDの坂井泉水さんが亡くなったと
昨日知りました。


カラオケのレパートリーは
【20年前から時間が止まってる状態】
の私でさえも、

「揺れる想い」「負けないで」
などのヒット曲は知っています。

そして、娘さつきが
今一番気に入っている曲の一つが

「負けないで」だったんです。

童謡と文部省唱歌のファンという
かなり渋い趣味を持つさつきですが、

学校で習った「負けないで」は
なぜか大好きになり、

最近では、カラオケに行けば、
必ず歌う曲の一つになりました。

さつきの歌声を聞きながら

「どんなことがあっても
 負けないで!」

と心の中で娘を励まし、
自分が励まされたことも
しばしばだったんです。

なので、特別、ZARDのファン
というわけではなかったのに、
坂井泉水さんの訃報は
ショッキングな出来事でした…。





坂井泉水さんは、
ガンで闘病中だったと
亡くなった後で知りました。

そして、死因は、
ガンではなくて転落によるものだと。

事故死?

自殺?

様々な噂も
流れているようですが、

死因がどうであれ、

「負けないで」を
生の声で聞くことができる人は
誰もいないんだなぁ…。

そう思うと切なくなりました。


彼女の訃報で脳裏に浮かんだこと。


私の父は、骨肉腫という
所謂【骨のガン】と言われる病気で
亡くなりました。

もう、36年も前のこと。

私はまだ8歳でしたが、
父が病魔と闘う姿、そして、
最期まで私に優しかったことは
今でも忘れられない思い出です。

父は、自分の病気を
知っていたと
ずっと後に母から聞きました。

入院先でも父は
いつもと変わらず、
笑顔で迎えてくれ、
これまで以上に
かわいがってくれました。

自分の運命を知りながらも、
いえ、知っているからこそ、
娘のために愛を伝えようと
してくれていたのかしら?

父に付き添っていた母の苦労も
ぼんやりと分かってはいたものの
母の助けになることはできないまま。

幼い私は、あまりにも無力でした。

今なら、少しでも
何か支えになれたかもしれないね…。


そんな背景もあって、
難病と闘っている方やご家族を
父や自分の姿と重ね合わせて

心の中で【負けないで】と
無意識につぶやいてしまう自分に
気づくことがあります。

私が学生時代に
【先生になりたい!】
と心から願ったのが

通常学級の担任よりも
【院内学級の先生】だったことも

父の闘病生活や
母の介護を見てきたことが
大きな理由かもしれません。


院内学級の担任をしながら
たくさんの子ども達の
「生と死」を見てきましたが、

【負けないで】というのは、
ただ単に「病気に打ち勝つ」
という意味ではなくて

今を生きること。

生のプロセスを
大切にすること。

闘病している中でも
愛し続けること。
学び続けること。
希望を持ち続けること。


そんなことを
学ばせてもらったような気がします。


【死】は悲しいことだけど、
誰の身にも訪れる生の一部。

そこから目を背けないで
毎日を輝かせることが
「負けないで」
の意味なのかもしれない…。

折りしも、昨日届いた
はづき虹映さんのメルマガの一節。

そして、その旅立つ日は、その人にとって、遅くも早くもなく、
ちょうど良いタイミングの、ピッタリの日であり、それを「寿命」と呼ぶのです。


坂井泉水さんの訃報を知った日と
同日に届いたメルマガは
私の切なさに
ある答えをくれました。

若すぎる死を
惜しむ気持ちはとても大きいけれど

寿命…だったのですね。

どんな形の死であったとしても…。

自分の命を全うして
人生を旅立っていったのは、
父も教え子達もみな同じ…。


娘が大好きな歌「負けないで」を
遺してくれてありがとう!

坂井泉水さんの歌は
これからもたくさんの方を励まし、
勇気を与え続けることでしょう。


坂井泉水さんのご冥福を
心からお祈り申し上げます…。



いつもクリックありがとうございます!m(__)m

       ↓





チャクラトリートメント
たくさんの方にお問い合わせいただき、
ありがとうございます。m(__)m

引き続いて、モニター募集です。

チャクラトリートメントについて
詳しく知りたい方は、
次のページを参考にしてください。

チャクラバランストリートメントとは?

お問い合わせは、こちらから
お願いします。

    ↓

info@rose-mary.org





















スポンサーサイト
この記事に対するコメント
祈り〜そばにいる・・
『負けないで』・・・とても残念な報せでした。
独身時代、闘病生活を2年していたとき病院のベッドの中で
毎日、一日何回もこの歌が流れていました。絶望の中でこの歌が
励ましてくれました。(涙・・)
オーラソーマを学び出してこの歌のメッセージがやっと届きました。
病気、悲しみ、つらさ、苦しみ全て優しく包んでくれてる存在が
そばにいる・・・
マリリンのいうように『負けないで』=『輝いて』なのかもしれませんね。
絶望の果てには必ず希望がそばにいてくれる・・・
だから負けないで〜
みんなで冥福を祈りましょうね。
【2007/05/29 08:08】 URL | クリスタルターラ #- [ 編集]


坂井さんのこと、本当にびっくりでした。
主人がZARDが好きで、車の中はいつもZARDのCDがかかっていて、子どもも私も知らず知らずのうちに覚えて歌ってました。
闘病されていたんですね。死因は転落しての脳挫創だったようですが。
生きたくても叶わない人がいるというのに、大臣の自殺。自ら命を絶たなければいけない状況というのは、一体なんなんでしょうね。残された家族のことを思うと、心が痛いです。
【2007/05/29 08:10】 URL | まりりん #- [ 編集]

クリスタルターラさんへ
クリスタルターラさんも
「負けないで」に励まされた方の
一人だったんですね…。

私も「負けないで」のメッセージを
大切にしながら
自分の命をしっかりと
輝かせて生きたいと思います。
【2007/05/29 09:10】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

まりりんさんへ
私も、ほどんと同時に
大臣の自殺を知って、
とても複雑な気持ちでした。

「説明責任も果たさないで
それはないでしょう?」
という気持ちが先に立ってしまって…。

坂井泉水さんの死は
ファンだったご主人にとっても、
大きな衝撃だったことでしょうね。

胸が痛みます…。
【2007/05/29 09:13】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


8歳でお父様を亡くされたのですね。
私は2年前に父を胃癌で亡くしました。
病気知らずの父だったのに、突然病気を宣告され
余命2年と言われましたが、病院内で色々とあり・・
結局、宣告後、3ヶ月足らずの命、しかも
その半分以上はICUの中で植物人間状態でした
元気になって社会復帰するはずが坂道を転げ落ちるような
展開に家族一同、悩み、苦しみ葛藤の日々でした。
今、思うと、きっと一番良い時に父は天国へと
旅立ったのだと思います
父が宣告を受けてからなくなるまでの数ヶ月
病院内での不信感も多々ありましたが、父を取り囲む多くの関係者との方の
温かさ、人間関係の中で自分の人生観みたいなのが大きく変わったように
思います
「死」をもって父に教えられた事・・
私は一生忘れないことでしょう。
「一日一生」
父が大切にしていた言葉です。
今日という日はもう二度と戻って来ないから・・
一日一日を大切に一生懸命生きて行こう
そんなふうに日々心で思い、毎日明るく元気に前向きに
生活するよう心がけています

坂井さん、大臣のご冥福・・
心よりお祈り申し上げます・・・

【2007/05/29 10:30】 URL | ハイジ #gg36Nr4I [ 編集]


マリリンさんは、院内学級の先生だったのですね。
それで、思い出したテレビ番組があります。NHKスペシャル「小さな勇士たち」
聖路加病院の小児病棟での記録です。

いよいよその時が迫ってきて、ドクターが両親に提案するのです。
「これ以上辛い治療を続けるよりも、○○くんの行ってみたい所へ連れて行ってあげたり、楽しい思い出を作ってあげることを考えてみては?」 
母親は答えます。
「○○にとっては、特別の楽しい事というよりも、友達のいるこの場所が好きなんです。そして良くなって小学校へ入学したいと思って治療を受けているんです。」
○○くんの治療は続けられました。

子供達にとって、病院は治療の場というだけでなく
生活の場としての意味が大きいのですね。
病棟での子供達のふれあいのけなげさに、いっぱい泣きました。
【2007/05/29 10:56】 URL | 吉岡 #- [ 編集]

永遠の応援歌
e-256負けないでは、私にとっても永遠の応援歌です。
これからも、いつも口ずさんで生きていきたいと思います。
【2007/05/29 17:28】 URL | ひまちゃん #f5bKhmgA [ 編集]

ハイジさんへ
「一日一生」というのは、
とても深い言葉ですね…。
お父様が人間として、
素晴らしい方だったことが分かります。

大人になってから親を亡くすことは、
幼い頃に親が亡くなるのとは違った
辛さがあるのではないかと思います。

お父様の命を通して
多くのことを学び、
前向きに明るく生きている
ハイジさんの姿、お父様もきっと
喜ばれているでしょうね。
【2007/05/29 19:49】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

吉岡さんへ
難病の子ども達に心を寄せてくださって
本当にありがとうございます。

教え子のお母さんから
同じような言葉を聞いたことがあります。

ドクターからターミナルを宣告された後。
「先生、今までと同じように
 この子と勉強してやってください。
 最後まで普通にしてやりたいんです。
 それがこの子にとっての幸せなんです。」

思い出すと、今でも、胸が張り裂けそうになります。

院内学級の子ども達とお母さん達を
癒すためにできることは何かないかと
探している中でアロマに出会いました。

病気の教え子達は、
私をアロマの世界に招き入れてくれた
恩人です。




【2007/05/29 20:06】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ひまちゃんへ
本当にそうですね!
私にとっても、娘にとっても
この歌は「永遠の応援歌」です。

今日も娘は、
「負けないで」をノートに写しながら
口ずさんでいます…。
【2007/05/29 20:08】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


今日、カラオケで「負けないで」を歌ってきました。
人の死というものは、避けられないものであるけれど、やはりそれが事件や事故であると なかなか寿命だと思っても 受け入れるのは難しいですね。

マリリンさんも そんな 小さな頃に お父様をなくされたのですね。
院内学級の先生であられたことも、そういう経験がいかされていたのでしょうか。
私が親なら、そんなマリリン先生に ずっと教育の現場に居てほしかったと思いますが、これからの道が マリリンさんにもっとふさわしい場所になることを信じて応援しています。
【2007/05/30 23:53】 URL | チェリー #RXtWfVJQ [ 編集]

チェリーさんへ
そうなんですよね。
私も「寿命」とは書きながら
実はまだ受け入れられない気持ちも
大きいんです…。

温かい言葉ありがとうございます。
実は、院内学級担任は、
私の天職と思っていたんですけど、
教育委員会の事情があったようです。
(多分予算の関係があるのでしょうが
 二人担任から一人担任になり、
 年数の多い私が転勤となりました…。)

その分、子ども達から学んだことを
別の形で伝えられるように
顔晴りますね。(*^_^*)
【2007/05/31 00:28】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/01/21 15:19】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/43-2ca6cf71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。