チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院内学級って、知ってますか?
春休みも終わり、
今日から子ども達は学校です。

春は、別れと出会いの季節!
新しいクラス、新しい先生、新しい友達。

新しい出会いの中で、
心も体も大きくなってね♪

そんな願いをこめて、
娘達を送り出しました。


さて、日本国中の学校で
出会いと別れが繰り返されている中、
実は、入院のために学校に
行くことのできない子ども達も
たくさんいるんです。

そんな子ども達のために誕生したのが
タイトルにある【院内学級】。

私は教員時代に、その院内学級を
7年間、担任していました。

今日は、院内学級への思いを
少しだけ語らせてくださいね♪







「何も病気になってまで、
 勉強させなくていいんじゃないの?」

たくさんの方からそんな意見を聞きました。

そんな方たちには
教え子が伝えてくれたこの言葉を
紹介することにしています。

「先生、院内学級は、病院の中にあるけど、
 病院じゃないんだよ。
 教室に来ると、
 入院してることを忘れるんだよね。」

子どもって凄いですね!

こんなにシンプルに
こんなに的確に
「なぜ院内学級が必要か?」
について、答えてくれるなんて。

「院内学級」については、
何度も学校や学校外でレポートを書き、
発表もしてきたけれど、
完全に負けました!m(__)m

院内学級って
子どもが【患者】ではなくて
【小学生】(あるいは、中学生)に
戻れるところなんです。

お医者さんや看護師さんや
お母さんやお父さんは
子どもを【病人】として扱うし、
大人たちは、何となく優しくなったりする。

そんな中で、院内学級の先生は、
「小学生が、勉強するのは当たり前!」
と容赦なく宿題を出し、
悪いことをすれば鬼のように怒るのです。

地域の学校で、小学生として
生活していたときと同じように。

「マリリン先生、宿題多すぎ~~!」
なんてことを言いながら
それでも、ほとんどの子どもは
病気を言い訳にすることなく
たくさんの宿題をやり遂げるのです。

「病気なのに、かわいそう!」
と思われる方もいらっしゃるでしょうか?

でもね、勉強が
子ども達の未来につながるものだとしたら
病気の子ども達に
「勉強しなくてもいいのよ。」
と告げることは、実はものすごく
酷な言葉なのではないかしら?

子ども達が学ぶということは
未来を創ること。

病気であっても、入院中であっても、
希望を持ち続けること。

「院内学級に行くことは、
 入院している子ども達には、
 生きがいなんですよ。」

と励ましてくださったドクターの言葉。
今も胸が熱くなります。

病気にはなったけど、
院内学級に行けば、
ちょっぴり口うるさい先生がいて(←私のこと?)
ケンカもするけど、仲のいい友達がいて
【病人】や【患者】ではなくて
これまでと変わらず【小学生】としての自分がいる。

そんな空間を作りたいと願いながら
【院内学級】を担任していた7年間。

学生時代から憧れていた
院内学級の先生になれて
本当に幸せでした。

今は、院内学級からは離れましたが、
病気の子ども達やお母さん達を
別の形でサポートしたいと考えています。

いえ、別の形でサポートしたいから
セラピストになったんでしょうね。


院内学級の子ども達も
今日が入学式、始業式!

病気になったから
何もできなくなったって思わないでね。

病気になってもできること、
病気になったからこそ学べることを
院内学級の中でたくさん見つけてね!

先生は辞めたけど、
いつまでも、いつまでも、
応援しています!


生きることは学ぶこと
学ぶことは生きること


それを教えてくれた子ども達に
愛と感謝をこめて☆



 
スポンサーサイト

テーマ:病気 - ジャンル:育児

この記事に対するコメント

足跡から来ました(*^▽^*) 
マドんちのマドです♪
院内学校知ってますよ
うちの次男が入退院を繰り返してたので
そのときに目に入りました♪
うちのちび(小5)が不思議そうに聞きました
入院しとるのに学校行くん??って
長い入院で学校も行けない子供の事を話したら
スゴイ納得してました
自分も入院したらここに通う〜って言ってました(笑)
こどもってほんと前向きですね
7年間も過ごされたんですね〜お疲れ様です
【2007/04/06 11:27】 URL | マド #JalddpaA [ 編集]

ますます親近感?
院内学級がある小学校って限られているので
現在「うり坊」がいる小学校にいらしたのかしら?
などと、思いを巡らしております(笑)
「うり坊」が入退院をよくしていた頃、
感染病棟にいる人間は
院内学級があるエリアには出入り禁止でしたが
「あ、たぶんあの子達、これから登校するのね」という姿を
遠巻きながら、見ていた記憶があります。
我が子はお世話になることのない場所ではありましたが
本当に、必要不可欠な場所だと、私は思います。
【2007/04/06 14:57】 URL | ジャイ子0208 #o.3opV2Y [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/06 15:05】 | # [ 編集]

マドさんへ♪
マドさん、コメントありがとうございます♪
マドさんのお子さんも、
入退院を繰り返されたんですか?
お子さんも、マドさんも、
がんばられましたね!

院内学級にいてすごく感じたことは、
子どものがんばりはもちろんだけど、
お母さんのがんばりが
子どもを支えてるんだなぁってことです。

そんなお母さん達を癒せることができたら
というのが、私のセラピストとしての
原点でもあります。

そして、長男さんの言葉、嬉しいデスね。
院内学級の子ども達のことを
ちゃんと伝えてくださったマドさんも、
なんてステキなお母さんなんでしょう!
感謝です☆

また、よろしければ、
遊びにいらしてくださいね。(^O^)
【2007/04/06 17:27】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

ジャイ子さんへ♪
ジャイ子さん、コメントありがとうございます♪
院内学級へのご理解、嬉しいです!
直接、かかわることがなくても、
院内学級の存在を温かく受け止めて
理解しようと思ってくださる方が
一人でも増えることが
院内学級の充実や発展に
つながると思っています。

お子さんが通ってらっしゃる学校に
院内学級がある場合には、特に
嬉しいことだなぁって思ってます。

うり坊くんも、入退院を
繰り返してたときがあったんですね。
うり坊くんも、ジャイ子さんも
よくがんばられましたね!

また、よければ、
遊びにいらしてくださいね♪(^O^)
【2007/04/06 17:36】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


えっと・・書き方が悪かったみたいです
入退院を繰り返していた次男は今17歳で一昨年9月に事故で足をなくしかけて
今もまだその病院へ通っています
ちびというのは末っ子で小5です♪
長男は20歳です(;´▽`lllA``
またマドんちで【事故〜経過】のカテゴリーを見てください
もしかしたらマリリンさんがいらした病院かもしれないですね
【2007/04/06 20:02】 URL | マド #JalddpaA [ 編集]

コメントありがとうございます。
今日、入学式だったので、その後、児童クラブへ行き、主人と揃って、子供の言っていたことを伝え、もう少し子供達に目を向けてもらうようお願いしました。
でも、なんだか???って先生で。ほんとに気にかけてくれたのか@_@;
保育所はもっと見ていてくれて、見ていてくれてもトラブルが起きるのに、これじゃ、とても不安なんですよね。
【2007/04/06 21:16】 URL | まり #JOEnd13E [ 編集]

医療保育士
私が相手にしているのは、入院の必要が無い程度の病気の子供さんですから、それほど長く学校や保育所をお休みすることはありませんが、病気のときであっても生きがいをもって生きる権利は誰にでもあります。 マリリンさんは、そのお手伝いをされていたんですね。
学生には院内学級がありますが、未就学児に保育士が対応する 医療保育士という存在があります。資格の認定制度が始まったばかりです。病児保育でも院内保育でも 子どもの発達とニーズをとらえ、援助できる保育士が 病院内にいると 心強いんですけどね。
まだまだ この分野は遅れている気がしてなりません。
【2007/04/06 21:21】 URL | チェリー #RXtWfVJQ [ 編集]

マドさんへ♪
何だか勘違いしちゃってたみたいですね。
ゴメンなさい!m(__)m

また、こちらからも、
ゆっくりお邪魔させていただきますね♪

これからもどうぞよろしく!(*^_^*)
【2007/04/07 15:14】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

まりさんへ♪
ご訪問&コメントありがとうございます!
お名前が似ているので、親近感です♪(*^_^*)

早速、話に行かれたのですネ!
ご夫婦そろっていかれたのも、
すごくいいことだと思います!
これで、先生の側の意識も
内心、かなり違うはず?!
先生の反応は、イマイチだったようですが、
まずは、来週の様子を見てみられて
少しでも改善されていたら、嬉しいですよね。







【2007/04/07 15:25】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

チェリーさんへ♪
チェリーさん、コメントありがとうございます♪

院内学級の充実や発展について
入院中のお子さんを持つお母さんや
OBのお母さん達と一緒に
何度か話し合いを持ったことがあります。

その時に必ず出てきた課題は、
幼児さんと高校生について。

小中学生のためには、院内学級があるけれど、
病気で入院している子ども達は、
小中学生だけではなくて、
就学前の子ども達、高校を休学している子ども達
たくさんいるんですよね。

「医療保育士」さんが、
それぞれの病院にいてくださったら、
子どもも、お母さんも、
どんなにか心強いことでしょうね。
「医療保育士」という制度が始まったことが
そういう背景が少しは改善の方向へと
向かおうとしているのだったら嬉しいのですが…。

院内学級の設立も順風満帆ではなく
長年の保護者や関係者の運動や働きかけが
必要だったと聞いていますが、
就学前の子ども達の豊かな保育環境を作ることも
これからの大きな課題ですよね。

保育の立場からのご意見、
とても勉強になります。

またいろいろ教えて下さいね!
【2007/04/07 15:42】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/7-dcf06083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

院内学級について

院内学級院内学級(いんないがっきゅう)は、学校教育法でいう障害児のカテゴリーの中の「病弱児」に当たる子どもたちが入院中、教育を受ける機会を提供される教室のこと。慢性の心臓、肺、腎臓などの疾患で6ヵ月以上の入院、もしくは生活規制が必要な子どもが病弱児である 教育問題.com【2007/04/12 09:23】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。