チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしたちの教科書 最終回!~いじめ考~
テレビドラマって、
最近ほとんど見なくなったんですが、
「わたしたちの教科書」だけは
夫につられて途中から見始め、
ずっと目が離せないでいます。

そのドラマも今日で最終回を迎え、
最後の最後まで考えさせられるドラマでした。

何もかもがハッピーエンドではないところが
ある意味ではリアルかもしれません。

長年教育現場にいた者として
小学生と中学生の子どもを持つ母として
【いじめ】は心揺さぶられるテーマの一つです。

『わたしたちの教科書』の最終回では
「この学校にはイジメはありません!」
といじめから目を背けるのではなくて
いじめについて
教師同士が本音で語り合うようになりました。

子ども達の間でも、
ディスカッションが行われるようになりました。

子どもの死という代償は
あまりにも大きかったけれど、
いじめがあることを受け入れた上で
変容しようとする教師達と子ども達の姿は
ドラマの世界とは言え感動的でした。

今の教育現場で
それが実践されているかというと、
残念ながら、NOというしかありません。

私がまだ現役の教員だった頃に
職員会議は教職員が議論する場ではなく
管理職と主任級教員で決定したことを
伝達する場となりました。

(管理職の口からはっきりそう言われました!)

今の学校には、教師同士が
同じ土俵の上で子どもについて
語り合う場所も時間もありません。

子どものことを本音で語れない学校で
いじめの問題を根本的に解決するなんて
できるわけがない!

だんだんとそんなふうに
感じるようになりました。

私が教育現場での限界を感じ、
子どもを癒すためのセラピーに
だんだんと心惹かれていったのも
ここ数年のそんな背景が
あったせいかもしれません。


教育現場への複雑な思いの告白は
また別の機会にするとして、

【いじめ】について考えるとき
もう10年も前のある出来事をいつも思い出します。

いじめによる自殺が大きな問題となり
マスコミを賑わしていた頃。

私は、いじめをテーマにした
親と教師の勉強会に出席したのですが…。








教員有志、保護者有志が集まり、
活発な意見が交換されていた勉強会。

形だけの職員会議などよりも
ずっと真剣な議論が交わされる中、
ある一人のお母さんがマイクを持って
発言されました。

「○○先生、お久しぶりです。」

○○先生は、中学校の先生ですが
素晴らしい教育実践をされている方で
小学校教員の私でも知っている!

子どもや保護者、そして、教師の間でも
信頼の厚い先生として有名な方でした。

「や~、お久しぶりです!
 ○○さんも元気にがんばってますか?」

と満面の笑みを浮かべながら
懐かしそうに保護者に話しかける先生。

なので、保護者の方からも
当然、感謝の言葉が返ってくるものと
思っていたのですが…。

「先生、先生は知らなかったでしょうけど、
 うちの子はいじめられておりました!」

とお母さんがきっぱりと言い放ったとき、
会場が一瞬にして凍りつくのを感じました。

○○先生のこわばった顔。
お母さんの訴えるような厳しい視線。

ショックでした。

事実関係を確認したわけではないけれど、
少なくとも生徒とその保護者の認識では
いじめがあったのは確かです。

あの○○先生のクラスでさえ、
先生の気づかぬところで
いじめが起きていた可能性がある?

当時受け持っていた私のクラスは、
明るくて楽しくて優しいクラスと
私自身は思っていたのですが、
今のクラスにいじめがないと
言い切ることが突然怖くなりました。

どんな先生のクラスにも
いじめが起こる可能性はあるのです。

「いじめがない」のではなくて
私が気づいてないだけだとしたら…?

いろんな研究会などに行くと、
自信たっぷりに

「私が担任したクラスでは
 いじめも不登校も
 一度も起こったことはありません!」

と豪語されている先生を
時々見かけたものですが、
これってよく考えると
ものすごく怖いことだと思います。

もしかして、
自信が傲慢になってしまってる?

傲慢ゆえに目の前の子ども達が
見えなくなってしまうことはないの?

本当にいじめがなかったとしても
それを自分の力量と過信するのって
どうなんだろう?

家庭の力、地域の力も含め、
子ども達に関わってきた
すべての方の力はどうなの?


ついそんなことを考えてしまうので、
「私の担任したクラスにはいじめはない!」
と胸を張って言い切れる先生が
私は何となく信用できません。



「いじめがない」=「いい先生」「いい学校」
「いじめがある」=「悪い先生」「悪い学校」
と単純にジャッジしてしまうことは
問題の本質がぼやけてしまうし、
とても危険なことではないかと思っています。

いじめのない学校
いじめのない社会
いじめのない世界

本当にそれが実現して
世界中が愛と優しさで一杯になることは
私の理想でもあるけれど、

仮にいじめが表面化したとしても
影の部分にも目を背けないで
まず受け入れることが
大切なんじゃないかな?

吊し上げや犯人探しが目的ではなくて
それぞれの立場から
自分に何ができるのかをまず考えること。

そこから生まれる学びだって
何かあるはず!

キレイごとや単なる形式じゃなくて、
本当の自分を出して、
本音を語り合うための
『時間』と『空間』と『仲間』が
先生にも、子ども達にも、親にも、
もっと必要なんじゃないでしょうか?

そこからいじめの本質や解決の糸口が
見えてくることもあるのでは?

「わたしたちの教科書」を見ながら
そんなことを感じさせられました。


いじめに対する思いは
まだまだあふれるほどあるのですが、
キリがないので今日はこの辺で!

よろしければ、
皆様のご意見もお聞かせくださいね。


広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓






チャクラトリートメント
たくさんの方にお問い合わせいただき、
ありがとうございます。m(__)m

引き続いて、割引価格にて
モニターさんを募集中です。

親子でのお申し込みも受け付けております。

チャクラトリートメントについて
詳しく知りたい方は、
次のページを参考にしてください。

チャクラバランストリートメントとは?

お問い合わせは、こちらから
お願いします。

    ↓

info★rose-mary.org

(★を@に直してから、お問い合わせ下さい。)










スポンサーサイト
この記事に対するコメント

私もその番組観てました。色んなことを感じさせる番組でした。かじ先生が、校長の考え方に影響されて「この学校にいじめはない」と言ってしまうようになるあたり、親の立場で見ているととてもショックでした。
でも、このドラマには本当の悪人は出てこなかった。どこにでもいる子ども、どこにでもいる大人。そこがおそろしかったです。

デカ兄が学校で1万円近く入っていた財布や携帯電話を盗まれた時、この先生は信用できると信じていた担任に相談しました。モチロンもって行ってはいけないものを持っていっている事は十分承知していました。
デカ兄の友だちも何人も被害にあっていて、盗みが日常化していた様子でした。
でも、親から被害の報告があったのは我が家だけ。デカ兄も友だちも盗まれていることを伝えたにもかかわらず、無視されました。先生の口から出てくる言葉は「貴重品は先生に預けなさい。犯人探しはできません」「親からの盗難の報告は受けておらず、盗まれたのはデカ兄だけ」で通されました。
中学校卒業後、盗まれた財布がまとめて捨ててあったらしく、警察から連絡がありそのことを先生に報告しても「そうですか」の一言。
でも、その担任は本当に子どものためを思って一生懸命になってくれるいい先生なんです。このドラマを見て「学校の方針」だったんだろうなと妙に納得できました。
きっと私って面倒なことを言ってくるうるさい親だったんでしょうねv-239
【2007/06/29 06:44】 URL | まりりん #- [ 編集]

まりりんさんへ♪
ごく普通の大人、ごく普通の子どもが
いじめの当事者になってしまうのは
本当にショックで怖いことですが、
それも現実なのでしょうね…。

まりりんさんの体験の中にも
今の学校の問題が
たくさん含まれているなぁと感じました。

事実が埋もれてしまいそうな状況の中で
まりりんさんがきちんと伝えてくれたことを
学校は感謝して
真摯に受け止めないといけないはずなのに
悲しいことですね。

貴重品は預けるとか、
それとこれとは問題が違うでしょ?

と思わず突っ込んでしまいそうでしたが、
今の中学校の実態を考えると、
どこの学校も同じような問題を
抱えているのかもしれません。

親が出来ることって何なのかなぁと
学校現場を離れた今、
考えることも多いですが、
先生の多忙さをいたわり、
良心ある先生達を応援しつつも、
納得のいかないことについては
【面倒でうるさい親】
になろうと思っています。(^^ゞ

体験をシェアしてくださって
ありがとうございました!m(__)m



【2007/06/29 10:58】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


コレもまた難しい問題です。
男の子より女の子同士は大変みたいですし、いつも何かしらの噂を聞き自分の子が巻き込まれていないのか心配になります。
まず家庭だと考えます。本音をさらけ出せているか、会話が充分取れているのか、わかりあえているのか・・・そうありたいと努力です。
【2007/06/29 14:40】 URL | すぅ #- [ 編集]

生き抜く力
現代と昔の『イジメ』の質が違うように、教師も私たち親も変化してますよね。
時代のせいではなく、ココロのありようも変化している・・
一言では語れない問題ですが、(ドラマ見てないからわかんないけど)いじめは、
『生き抜く力』を試されてるような気がします・・・
当事者も周りもツライけど、生き抜く!ことが・・何かにつながる。
私たちはすごい確率でオンギャーと生まれてきました。
いつでも、どんな時でもいろんな愛に包まれているという『安心感』を
子供たちに伝えたいですね・・・教師も人間だもの。大変だと思います。
私もいじめられていた方なので、いじめの問題にはキューンときます。
生き抜いてほしいです!ビリーのように『ヴィクトリー!』と叫びながら・・・
【2007/06/29 15:49】 URL | クリスタルターラ #- [ 編集]

すぅさんへ♪
本当に難しい問題です。
まず家庭からという考えにも同感だし、
しっかり本音を出してくれる関係を
作っておかなくてはなぁと思いながらも
これまた言葉で言うほど簡単ではないなぁと…。
娘の話を聞いていると、
女の子の難しさも親の立場からも
痛感させられますよね…。
【2007/06/29 18:02】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

クリスタルターラさんへ♪
自分に起こっていること全てに
意味があるのだとしたら、
現実に起こっている「いじめ」から
何を学ばないといけないんだろうって
よく考えます。
多分、子どもも教師も親も
それぞれがそこから学ぶ必要が
あるのかもしれませんね。
そして、そのハードルを乗り越えたところに
大きなギフトが待っているよと…。
「生きる力」「生き抜く力」というのは
大きなキーワードになると思います。
どんなことがあっても生きることが
[ビクトリー」につながるんですよね!
ビリーも言ってるように☆
【2007/06/29 18:08】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


子供同士のイジメがあっても不思議じゃないと思います・・・。
だって教員同士だってイジメがあるじゃないですか。
実際私が教育実習で行ったわずか2週間のあいだにも、教員同士のイジメを感じだ事があります。

うちの息子が病気で学校に行きたいのになかなか行けない時、私は担任の先生にたのんで時間を作ってもらい、自ら教壇に立ってクラスの子供達に話をしました。
息子の病気について説明し、体調のいい時間を見計らって一日に1〜2時間ぐらいしか来れないこと、それでも学校に行きたいと思っている息子をみんな受け入れてくれますか?とクラスの子供達に問いかけました。
みんな、突然お母さんがやって来て直談判を始めたのでビックリはしていましたが、真剣に聞いてくれて、次々に「いいよ!」と言ってくれました。
3時間目とか4時間目とかの中途半端な時間にやってくる息子を、送ってきた私の手から受取り、「●●君が来たよ〜。」と教室に連れて入ってくれる子供達、そのうちそんな友達のおかげで私が送っていかなくても相変わらず中途半端な時間ですが、一人で学校に行けるようになった息子は、無事小学校を卒業することができました。
卒業式のときは、クラスのみんなに手紙を書いてお礼を言いました。
そんなクラスのみんなは、本当に良い子たちだと思っていました。
中学に入って少したったある日、ベランダで洗濯物を干していると話し声が聞こえてきました
「ねーねー、いじめるんだったら●●と××と△△とどいつをいじめたい?」
と・・・、『●●って、うちの子の名前じゃない?!』とベランダから覗いてみると、小学校の時同じクラスの男の子3人でした。
ブチキレた私はベランダから
「ちょっと!あんたら、今うちの子の名前が聞こえたけど、いじめるとはどう言う事よ!オバちゃんしっかり聞いたけんね!あんたらうちの子いじめてみんさいよ!こらやせんけぇね!オバちゃんは自分の子供を守るためなら、なんぼでも体はるよ!それでもいじめる言うんなら、あんたらも覚悟していじめんさいよ!」
と言ったら、
「す・・・、すいません・・・。」
と、そのこたちは誤った。
それから学校や町でそのこたちに会っても、逆にニッコリ笑って「こんにちわ!」と挨拶してやると、恐縮して「こ・・・、こんにちわ。」と挨拶してきました。
満面の笑顔でプレッシャーかけてやりました。(笑)

中学を卒業して、そのこたちとは違う高校になってから、お兄ちゃんにいじめられなかった?と聞いてみた。
お兄ちゃんは誰からもいじめられなかったよ。と言って
「何?そんな事言ったの?うちの母さんを敵にまわすとは!そいつらも気の毒な事したな〜。」
と、逆にため息をつかれてしまいました。(笑)
「あんたを守るためなら、母さん鉄パイプの一つでもかかえて殴りこむよ!」
と言うと
「今度いじめに会いそうになったら、うちの母さんすっごい怖いけ〜、オレをいじめんほうええよ、マジそのほうが身のためじゃって!って相手にいう事にするわ・・・。」
とまたまたお兄ちゃんにため息をつかれてしまいました・・・。
【2007/06/29 20:52】 URL | ルークママ #- [ 編集]

はじまして!
マリリンさん、はじめまして!
「子育てママのセレブメイク講座」のシルクです★
コメントして下さってどうもありがとうございます!
いじめ問題・・・
私はまだ子供が小さいのですが、
やはり今から心配です。私たちの頃とはいじめの質が違うので。
永遠のテーマのようになっているけれど、いつか解決の糸口が見つかればいいなと
思います。
本当に複雑な問題ですね。
【2007/06/29 22:10】 URL | シルク #tXDlc5gg [ 編集]

ルークママさんへ♪
わぁ〜!
ルークママさん、素晴らしい!(^O^)
大拍手ですよ〜〜!!
私もそんな母になりたいです♪
お母さんの愛と強さ、
息子さんの心にしっかり届いたことでしょうね。

大人の本気を子どもはちゃんと
感じ取ってますよね。

そして、自分のことを心から
思ってくれる存在があることで
子どもは前を向いて歩いていけるんだと思います。

教師の間でも、大人の世界にもいじめがある…。
確かに!
今、大人の生き方も問われていますね。
【2007/06/29 22:25】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

シルクさんへ♪
ご訪問&コメントありがとうございます♪
お子さんが小さくても、
これからのことを考えると
やはり不安ですよね。

他人事ではなくて、
親としての自分、そして、大人が出来ることを
考えていかなくてはなぁと思います。

【2007/06/29 22:29】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


つい書いてしまいそうな話題(苦笑)
おはようございます。あんこやさんです。
そういう私も子供達がイジメる立場にたっているのを
気づいてないだけかもしれませんね。
お兄ちゃんの小学校の先生で素晴らしい先生がいました。
3年生ぐらいじゃったかな〜
その時イジメてたヤツが4年生(1学年上)
それを知った先生が4年生のその子の教室へ行って
こう言ったんです
「先生、お兄ちゃんが大好きなんよ。
 大好きなお兄ちゃんをイジメんでくれる」
素晴らしい先生でした。。。涙
【2007/06/30 08:55】 URL | あんこや #UbCtKfmc [ 編集]

あんこやさんへ♪
今、あんこやさんのブログに
コメントしてきたところです!(^O^)
以心伝心?(笑)

ホントに素晴らしい先生ですね…。
自分のことを心から思ってくれる存在を
子どもはきっと感じ取ってると思います。

学校全体がいきなりは変わらなくても
こういう先生が一人でも増えていくことが
世界を変えることにつながるんでしょうね。

親ができることも同じかもしれません。

まさに「ペイフォワード」です!
【2007/06/30 09:07】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/72-ee7c74ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。