チャイルドセラピー〜色と香りの子育て〜
22年間の小学校教員生活に終止符を打ち、アロマセラピスト&カラーセラピストの卵として、再出発した二児の母です。子ども達やお母さん達に優しいセラピーをご紹介します。
プロフィール

セラピスト☆マリリン

Author:セラピスト☆マリリン


2007年3月、22年間の小学校教員生活に終止符を打つ。教員時代には、通常学級、院内学級、養護学校の担任を経験。

院内学級時代に、子ども達やお母さん達を癒すためのツールを探し求めているとき、アロマテラピーとオーラソーマに魅せられる。以来、セラピストになることを夢見るようになる。

私生活では、自閉傾向のある長女(中学生)とアトピっ子の次女(小学生)の二児の母。「いいかげんは、良い加減♪」「ぼちぼちいこか♪」をモットーにまったりと子育てを楽しんでいる。

2007年10月18日。広島市南区の自宅にアロマテラピーとオーラソーマカラーケアシステムを中心としたサロン「ローズマリー」をオープン!
(AEAJアロマアドバイザー資格認定教室)

セラピーを通して実現する幸せな子育てを目指して、2008年4月1日「日本チャイルドセラピー協会」設立。


<1>【オーシャンカード】キャンペーン企画
2008年8月 特別価格月間とします。
9月以降も月ごとのキャンペーンを行いますので、お見逃しのないように、ブログかHPをチェックしてくださいね♪

<2>ベビーマッサージ教室生徒募集!
オーラソーマミニコンサルテーションやアロマテラピーの子育てへの取り入れ方もお伝えしてます。セラピストさんや保育関係の先生にも好評の講座です。

<3>アロマテラピーアドバイザー資格対応コース 
センセーションカラーセラピスト養成講座ほか多様なセミナーを展開中!いずれも生徒募集中。ご希望に応じて、日程を設定します。

<4>子育てセラピー(子育て相談)も受付中!

ご予約・お問い合わせは、この下にあるメールフォームからお願いします。

また詳しくはホームページをご覧下さい。

http://rose-mary.org

※ビジネスを目的としたコメントは受け付けておりません。
 ブログと関係のないコメントは、削除させていただきますので、ご了解下さい。
 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社

この商品の詳細を見る
映画『夕凪の街桜の国』を見に行きました。

原作を読んで感銘を受けたので、
絶対に見たいと思っていた映画の一つ!

言うまでもなく、

『夕凪の街』=広島
『桜の国』=日本
 

を表しています。

50年前の広島で暮らす皆実。
自分と同じように被爆して死んでいった妹翠。
疎開していて、被爆を免れた弟旭。

ここまで読んで、広島に在住の方なら、
「あれ?」と思われたかもしれませんね。

【皆実】に【翠】に【旭】なんて、
どこかで聞いたことがあると思ったら
広島市内の町名ではないですか!?
(しかも、我が家からは徒歩圏内!)

お母さんの名前も「フジミ」だし
その苗字は「平野」だし、
皆実の彼氏は「打越」ですよ!

こういうところは、
広島出身の原作者ならではというか、
広島人にとっては、オマケのようで
ちょっぴり嬉しくなったりしました。

本筋から外れたことを書いてしまいましたが、
肝心の内容はどうだったかというと…

(これからごらんになる方は、
 ここまででストップしてくださいね。
 ここから先は、ネタバレあり!要注意です!!)

泣きました!

もう号泣でした!!

「愛する人と心通わせる」
というささやかな幸せさえも
拒絶してしまう皆実の姿がとても切なくて…。

「原爆で助かった自分だけが
幸せになってはいけないのではないか?」
と苦悩する姿は、
数年前に見た「父と暮らせば」のヒロインを
思い起こさせるようでした。

被爆して助かった方たちは、
多かれ少なかれ、
原爆によって亡くなった方たちに対して
引け目を感じながら生きていると言います。

家族や友人の苦しむ姿を目の前にしながら、
助けることができなかった負い目も。

自分が幸せにならないことで、
今も生きていることに
折り合いをつけようとしているのか?

皮肉なことに、そんな自分を乗り越えて、
幸せになろうとした矢先、
皆実の身体に病魔が襲い掛かります…。

「なあ、うれしい? 
 十三年も経ったけど、
 原爆を落とした人は私を見て
 【やったぁ、また一人殺せた!】って
 ちゃんと思うてくれとる?」


という言葉を残して亡くなった皆実。

この言葉を聞いてもまだ、
「原爆は仕方がなかった」
などと言えますか?

「桜の国」の人の中には、原爆というのが
「夕凪の街」のことであって、
自分達とは関係ないと思っている人が
まだたくさんいるようですね。

「夕凪の街」は「桜の国」にあるのです。

「夕凪の街」は「美しい地球上」にあるのです。

「夕凪の街」を考えることは、
小さな一つの街のことではなくて、
世界全体の平和を考えることなのです。

日本の…いいえ、世界中の政治家たちには、
どうかそれをわかって欲しい…。


皆実の臨終の言葉を聞きながら
そんな思いが頭を駆け巡っていました。


後半は、現代っ子であり、東京っ子であり、
被爆二世でもある七波が主人公。

後半についても、
湧き上がる思いはいろいろあったけど、
ネタバレは、このくらいにしておきますね。



「こんな映画よりも【西遊記】の方が
 面白いもんね!」
と憎まれ口を叩きながら、
イヤイヤ映画についてきた次女メイ。

保育園の頃から、折に触れて、
平和について語ってきたつもりだけど、
まだまだこのお話の奥深さを
理解するのは早すぎたかしら…?

と思いかけたとき、

「でもね、一つ感動した言葉があったよ。」

とメイが教えてくれた言葉。
 
【生きとってくれて、ありがとうな】


な~んだ!
ちゃんと分かってくれてたんだ!

いいんだよ、それで。

この言葉の重みを分かってくれたとしたら、
映画を見せた意味は十分あったと。


「いのち」を大切にする人になってね…。



そんな思いを胸に秘めながら、
明日は、「いのち」を大切にする候補者に
清き一票を投じてきます!(*^_^*)


広島ブログランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます!m(__)m


       ↓





<お知らせ>

1.チャクラトリートメントモニター募集中

2.ベビーマッサージ教室生徒募集中

3.夏休みチャイルドアロマ講座生徒募集中
(8月3日実施 7月31日締め切り)

詳しくは、ホームページをご覧下さい。



 



スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

ンーーーー
読んでしまった
近じか見に行こうかと思っていたところでした
でも マ イッカ ストーリーを少し知ってて
見る映画もまた違った見方がで切る カモ
【2007/07/29 23:56】 URL | GOD #- [ 編集]


私もぜひ観たいと思っている映画です。なので、ネタばれの部分は見ないことにしました(^^)
広島という土地に住んでいるという偶然を、子どもたちにどう伝えればいいのか色々考えて、毎年8月6日。子どもを平和公園に連れて行ってます。
自分で何か感じ取ってくれることを願って。
【2007/07/30 08:28】 URL | まりりん #- [ 編集]


我が家の子も見せたらいいですね〜
そんな思いです。
メイちゃんのように感じてくれたらいいんだけどな〜
【2007/07/30 08:59】 URL | あんこや #- [ 編集]

コレに決めようかな・・・
毎年、夏休みには子どもと映画を見に行きます。でも見たいものがもうバラバラで・・・今年はコレにしようかな〜
だから読んでませんよ!(笑)
でも息子がトランスフォーマーを諦めてくれるかしらん・・・
【2007/07/30 14:29】 URL | すぅ #- [ 編集]

GODさんへ♪
あぁ〜、見てしまったのですネ…。
と言っても、あらすじを少し知ってたからといって、
映画の感動が損なわれるわけではないので、
ご覧になったら、ご感想を教えて下さいね。(*^_^*)
【2007/07/30 21:11】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

まりりんさんへ♪
8月6日には、私も毎年、
平和公園に子どもを連れて行くんですよ。
どこかですれ違っていたかもしれませんね。
子どもなりに何かを感じ取って欲しい…!
私もそんな気持ちでいっぱいです。
【2007/07/30 21:13】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

あんこやさんへ♪
子どもと一緒に見てよかったと思えた作品でしたよ。
あんこやさんのお子さんたちも
きっといろいろな思いを
受け止めてくれるのではないかしら?
おススメです。(*^_^*)
【2007/07/30 21:17】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]

すぅさんへ♪
我が家も映画の好みがバラバラで
家族一緒に見るのが大変なんですよ。(^^ゞ
「夕凪の街…」を見るために、
「西遊記」を先に見に行かされました。
交換条件で…。
今度はハリポタで親子の意見が一致するかな?!
【2007/07/30 21:20】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


封切りと同時に観に行きたいと思いつつ
なかなか行けずにいます。
マリリンさんの日記を読んで、観たいきもちが
より強くなりました。
小学校低学年でも大丈夫かしら・・・
【2007/07/31 22:50】 URL | さき #huUCMtYc [ 編集]

さきさんへ♪
低学年の子にはちょっと難しいところもあるかもしれないけど、
悲惨なシーンがない点は、ある意味、安心して見せられるかな?
小さな子どもって、意外と鋭くテーマを読み取ってたりします。
もし、チャンスがありましたら、行ってみてくださいね。(*^_^*)
【2007/08/01 00:13】 URL | マリリン #2n0qcYEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rosemary7266.blog93.fc2.com/tb.php/94-719644d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。